静岡がんセンター - 来院者を退屈させない工夫策 -

 

肺にがんができた母を
連れて行った
静岡がんセンター」は
まるで豪華ホテルのような
佇まい。

 

館内の施設も
清潔感があって
開放感たっぷりの
造りになっています。

 

その模様は、
こちら に感想として書いていますのでご覧になってみてください。

 

 

 

 

でも、病院なんだから、重要なのは外っ面より中身ですよね。

 

 

 

はじめて行った日に、
こんな携帯端末を渡されました。 

 

これは、呼び出し機

 

 

このような通信機を持たされたということは
そうです、 診察室の前で呼ばれるまで
じっと待っていなくてもいい。

 

この端末を持っていれば、館内を自由に
動き回れるというわけなんですね。

 

また、実際に呼び出されるときも
2回、メロディーとともにメッセージが表示されるんです。

 

まず、「○番診察室の前でお待ちください。」 もうすぐですよということ。
そして、しばらくして、「○番診察室にお入りください。」 という2段階方式。

 

 

 

私の地元にも大きな総合病院がありますけど、
こんなシステマチックな対応はとっていません。
看護師に呼ばれるまで、聞き逃すまいと診察室の前でじっと待っていなければならない。

 

私自身が腰痛や痛風でお世話になった外科の開業医なんか
もう行ったら2時間待ちは覚悟しなきゃいけませんからね。
そのとき、
携帯電話で呼んでもらうことできないのかなぁ〜、
せめて、おおよその待ち時間がどのくらいかわかる掲示板でも設置してくれたら・・・と思ってました。

 

 

あなたの町の病院はどうですか? 長い時間待たされます?

 

 

静岡がんセンターでこの端末を渡されたときは、「流石だなぁ〜」と思いましたね。

 

館内の施設がまた気持ちのいい空間なので、退屈なんか全くしません。

 

ここの病院に入ったら、診察券を指定の機械に入れて自分で受付処理をするんですが
そのとき、受付機からこの呼び出し機が出てくるんです。  グイーーーッ という感じで。

 

また、

 

評判のいい病院だとは聞いてましたけど、
これも信頼を得ている理由のひとつなんでしょうねぇ。

 

医師からされる治療や手術に関する説明がハンパじゃないです。

 

図解入りの説明ですからね。

 

もちろん、検査結果の画像を見せながら話をしてくれるんですが、
私の母の場合は肺なので、その肺の絵を書いてくれて、がんのある場所、大きさ、対処法など
きめ細かく説明してくれました。

 

人間の肺というのは左右にありますが、
肺って上中下とポジション的につに分かれているそうなんですね。

 

母の場合は右肺の上のほうにがんができているので、
手術するのであれば、右肺の上部を切り取るんだそうです。

 

肺の中からがんを掴みとって取り除くイメージを持っていたので
その話を聞いたときは、「えっ!?」という感じでした。

 

切らない方法としては、放射線を患部に当てて治療する方法もあるようですが、
治る確率が一番高いのは、「手術」 だということ。

 

 

80歳という年でもあり、いろいろ考えましたが、現在の母の体調はいいし、
私は、手術 をお願いしました。

 

そして、

 

手術日が決まり、その2日前から入院したわけですが、
この病院は、事前の説明にホント力を入れているな と感じましたね。

 

麻酔の説明についても
全身麻酔でやるということは、すでに医師から聞いていましたし、

 

「もう、先生に任せているんだから、いいよ、そこまで知らなくても・・・」

 

そう思いがちですが、
当日、母がどのように麻酔をかけられるのか、まずビデオを見せられ、
その後、部屋に呼ばれて麻酔科の医師から説明を受けました。

 

 

そして、手術。

 

約4時間かかりましたが、無事終わりました。

 

母の右肺からがんがなくなりました。
これから一週間くらいリハビリをする予定です。

 

 

 

いやあ〜、この静岡がんセンター
すばらしい病院だと思います。

 

 

手術するのなら、母の肺にどのようにして手を加えるのか、
トコトン本人と家族に説明してくれる。

 

必ず、絵を書いてくれるので、
ド素人の私らにもクリアにわかるんですよね。

 

 

 

ブログやメルマガで
読者に必要な情報を提供するときは
わかりやすい表現を心掛けないといけませんね。

 

図解というのは、必要だと思います。
相手を理解させる、格好の手段ですから。

 

 

私が発信している情報のなかに
他人のブログと差別化するための人がやっていない文字や画像の魅せ方がありますが
そのためには、HTML構文を書かないといけないんですね。

 

その " HTML " と聞くと、複雑というイメージがありますし、ちょっと敬遠しちゃいがちですよね。

 

でも、そこのところを
「なんだ、こう使えばいいのか。 簡単じゃん と思ってもらえるように
私はわかりやすくお伝えしていますし、これからもそのように続けていきます。

 

 

 

人にわかりやすく伝えることが、信頼を得ることにつながる。

 

今回、静岡がんセンターにお世話になって、そのような思いを強くしました。

 

 

 

 

人生初のがん宣告 もう、どうしよう・・・と思いました。

 

             ↓ ↓ ↓

 

母の肺にがん細胞 - 人生初の衝撃! -

 

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ