クライマックスシリーズって何なんだろう

 

プロ野球のクライマックス・シリーズって何なんだろう・・・・

 

って最近思います。

 

 

やあ、別に私は、ジャイアンツ・ファンではないんですが、

 

 

あぁ〜、ジャイアンツ・ファンの方は残念でしたね。

 

セ・リーグ制覇したのに、日本シリーズに出れないわけですから

 

じゃあ、今年のセ・リーグ
結局、一番強かったチームは、どこなの??? ってなりますよね。

 

 

過去には、パ・リーグで
ペナントレース3位だったロッテが日本一になったケースがありましたし。

 

 

昨日、阪神が巨人に勝って日本シリーズ出場を決めたシーンを見て

 

「あれ!? 何で?」 って思った人、多かったのでは?

 

うん、 胴上げがなかったですねぇ。

 

胴上げだ!というプラカードを持っていた阪神ファンがいましたし、
和田監督が宙に舞うところを期待していたファンも多かったことでしょう。

 

やっぱ、ペナントレースを制したわけじゃないので・・・ってところがあるのでしょうねえ。

 

 

 

そのクライマックス・シリーズって

 

アメリカ大リーグ からきてるんでしょうかぁ。

 

 

地区優勝 → リーグ優勝 → ワールドシリーズ優勝

 

 

頂点に立つまで道のりが長いですが
日本もできるだけそれに近づけたい!とプロ野球機構が思ったんでしょうかねえ・・・

 

 

まあ、アメリカは広いですし、球団の数も多いですから
このような形式になったんでしょうけど

 

日本はというと、そうはいかないので、3位までに入れば・・・という形にですかぁ?

 

もっとお客さんに
手に汗握る緊迫した試合を楽しんでもらいたいという思いはわかるし、いいと思うんだけど、

 

「う〜ん、やっぱ、わからない〜」

 

なんか頭のなかにモヤモヤができてしまうんですよね。(笑)

 

 

2位、3位のチームが日本一になっても

 

完全優勝とはいえないわけでしょ。

 

 

ホント、今年はどこのチームが一番なんだあ・・・って

 

 

なんか、プロレスで

 

どのチャンピオンベルトを持ってる人が一番強いの? みたいな感じ。

 

 

 

 

え!? 私はどこのファンかって?

 

広島カープなんです。

 

今年はね、カープ女子 なんていう言葉が出てきたりして

 

結構、可愛い女性ファンが多いようで・・・

 

また、ここんところカープはずっと下位に低迷してましたけど

 

かつて古葉さんが監督やっていた頃の強さが

 

徐々にぶり返してきてるかなぁ・・・という感じで。

 

でも、12球団の中で一番優勝から遠ざかっているチームなんですよね。

 

来年、監督が変わりますけど、頑張ってほしいです。

 

 

 

 

あっ、なんか最後、自分のひいきチームのこと言っちゃったりして (笑)

 

今日は、プロ野球の話をしちゃいましたけど、

 

 

ネットビジネスでも

 

野球に相通じるものがあるんですよ。

 

 

野球選手がいい成績を残すために行なうことは 練習 ですよね。

 

バッターだったら、素振りやティーバッティングなど
何千回いや、何万回ってバットを振り続けているはずです。

 

 

その結果、イチローみたいにヒョコッと出てきて
いきなり、その年、200本打って一気に上にいた人を追い抜いてしまったように。

 

 

ネットビジネスで、その素振りに当たる作業は、実践 です。

 

いろいろな人のメルマガやブログを見て勉強することも必要ですが、

 

目を動かす時間より

 

手を動かす時間 をたくさん持つようにしましょう。

 

 

リアルビジネスでも何でもそうです。

 

ただ見たり考えたりしているだけでは、事は前に進まないですよね。

 

手を動かさなければ、変化しないし、結果出ないし、稼げるようにはなりません。

 

 

プロ野球で2位、3位のチームが頂点に立てるように
ネットビジネスでもあなたのやり方、実践の内容次第で
今、大きく稼いでトップにいると言われている人を抜くことだって
出来てしまうわけですよ。

 

 

 

見切り発車でいいんです。

 

 

バットの素振りだって、どこまで振り続ければ試合で打てるようになるか・・・なんて

 

そんな規準ないじゃないですか。

 

あとは、試合のなかで技術を高めるようトライしていくわけですよ。

 

 

当然、試合の後には反省会があるわけだし、
そこで、自分の今日の良くなかった点を見なおして
同じミスはしないよう、明日につなげていくわけですよね。

 

その犯したミスだって
ミスしようと思ってやったわけじゃない。

 

チームの勝利に貢献しようと思ってやった結果、
例えば、リードを広めにとっていたために牽制で刺されたり
してしまうわけですよ。

 

 

ネットでも同じです。

 

 

ネットの世界でモノを買っていただくためには
文章力が必要となりますが、

 

そのライティング・スキルひとつとってみても

 

どんどん記事を重ねていって
過去に書いた自分の文章を見て、

 

 

あ、ここの表現よくないなあ・・・とか
あら、改行が少ないから読みにくいなあ・・・とか
あっ、あのことを言うことを忘れてるなあ・・・とか

 

 

そんなことを思うようになったら
あなたのライティング・スキルは上向いているということです。

 

それが繰り返されることで
あなたは成長していくわけですよ。

 

 

野球でいう、チームの勝利への貢献

 

これは、ネットビジネスでは、読者の望みに応える、悩み解消に貢献する! です。

 

 

あなたが進化を続ければ

 

それだけ、読者を喜ばすチカラもアップします。

 

 

バットを振り続けようではありませんか。

 

 

あっ、文章を書くとき、こんなところに注意して書くと効果的です。

 

      ↓ ↓ ↓

 

読者が喜んで読む文章の書き方とは

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ