オレオレ詐欺とマナガツオの事件

 

オレオレ詐欺、振り込め詐欺が、後を絶ちませんね。

 

 

息子や娘、関係者になりすまして、金をだまし取る悪質な手口。

 

ターゲットは、ほとんどがお年寄り、高齢者です。

 

この間、再現VTRでしたけど、こんなケースを放送してました。

 

お年寄りは機械に疎いというところを狙って、
孫になりすました男が祖母に銀行のATMの操作を電話で指示しているという場面。
金額を押すところをキーワード番号だと言って、ボタン 989239 を押させて、
男の口座に¥989239 を振り込ませたというもの。
何も知らないお年寄りは、ただ言われたとおりボタンを押してしまう・・・・
見ているだけで腹が立ちましたね。

 

 

” なりすまし ”ということでは、私もやられましたよ。

 

 

私の場合は、バツイチ女が私の結婚相手になりすました格好です。

 

 

その事件の内容は、恥ずかしいことですが、こちらで暴露しています。

 

 

仲良く付き合ってた頃は、
新横浜のしゃぶしゃぶ屋で食事をしたときに
女が息子の話をしだしたもんで、
まだ女の息子に会っていない私が不安げにしているように見えたのか、
「お金だしてとか、お父さんになってなんて言いませんから!」 と笑顔で言ってたりしてました。

 

その2ヶ月後の10月、

 

女が医学部を目指しているという長男の学費支払いの話をもってきたときは
深刻な顔して話してくる女の悩みに、

 

「オレはどうやったら協力できるだろうか・・・」

 

このことだけが私の頭を支配していました。

 

 

実家の住宅担保ローンを組むことも考えたそうですが、
持ち主の女の父親がすでに退職していることから組むことができなかったというのです。

 

そこで、女の父親の口からも
「●●さん(私のこと)に助けてもらえ」 と出たそうです。

 

 

これが 悲劇 の始まりでした。

 

 

相手は自分の結婚相手。
「なんとか助けたい!」 もうその思いだけでしたね。

 

「元夫が面倒みるんじゃないのか?」

 

その問いかけすることを私は忘れていました。

 

元夫とのことは、後にメールで聞いたんですが、

 

「2月に会って話をする」 とのこと。

 

私は、とにかく、その元夫との話し合いの結果を心待ちにしていましたが
結局、何回催促しても女からその回答はありませんでした。

 

 

 

私を利用して、目的の金額を手に入れてから、ギアチェンジ した女は
スパッと私に会わなくなったので、女と話ができない私は、女が会社を辞める当日の午後、
前年の夏に挨拶に伺った女の両親がいる実家を訪問しました。

 

そこで、女の母親と話ができたのですが、
驚いたことに、その母親は女が私ではない別の男性と結婚することを知りませんでした。
また、私が女の息子の学費捻出に協力していることも知りませんでした。

 

「え!? ご存知ないんですか!」

 

半年後に自分の娘が結婚することを知らない親がいるか!

 

いったい、どういうことだ!

 

 

母親から、私が家に来たことを知らされた女は、頭に血が登ったのか
携帯メールでいろいろ言ってきましたよ。

 

「今度、家に来たら警察呼びますから!」

 

「○○さんにも連絡しますからね。」 (○○さんとは、会社で私が所属する部門のトップの人)

 

 

私は、女から○○さんにもし連絡がいったとき、○○さんが事情を知らないといけないと思い
まず、○○さんに話しました。

 

当然、私の上司にも話し、女が会社にいたときの上司にあたる人にも話をし、
女が所属していたグループに、昔、私と同じ部署だった気心のしれた先輩がいるので、
その先輩にも話をしました。

 

 

その話を聞いてくれた2人の先輩は、これは他人ごとではない!と女に会ってくれたんです。

 

 

当時、女が住んでいた親の実家のそばに、私の会社の事業所があったので
先輩2人はそこに行ったアフター5に女と居酒屋で会ってくれたわけです。 

 

私から話を聞いたということを伏せて、女からいろいろ聞きだしてくれました。

 

 

 

その結果を聞いたんですが、

 

 

「長男の学費はどうやって工面したの?」 という先輩からの問いかけには

 

「元夫と半分ずつ出し合いました。 そのくらいの金額、何とかなりますよ。」 とふざけた返し。

 

 

会話の一部でしたが、先輩が録音してくれたICレコーダーにそう入っていました。

 

 

女が11月に結婚するという相手の男性は、
女と出身地が同じということで、以前から知り合いだったとか。

 

そこで、先輩からの 「その男性との結婚を決めたのはいつ?」 に対し、

 

「 昨年(2008年)の11月です。」

 

「ん?」

 

この2008年11月は、女が「結婚していただかなくていい」と私を拒否した時なんです。
女と暗い雰囲気のなか門前仲町で最後の食事をした11月19日の夜でした。

 

 

ものの見事に重なる時期・・・
裏で連絡とり合ってたんだなあ・・・

 

今までの私との付き合いは、すべて芝居だったのかあ。

 

 

「あの子には、あなたしかいませんよ! 相手は誰!?」

 

驚きながら私にそう言った自分の母親まで女は騙したことになる。

 

 

 

恐ろしい・・・

 

ホント、恐ろしいという言葉しか出てきませんでしたよ。

 

 

 

 

オレオレ詐欺の場合は電話での行為。

 

私の場合は、直接、騙し屋に会っての詐欺行為。

 

 

女と会話はできなくても会社では同じフロアですし、顔は合わせていました。
しかし、もちろん周りには人が大勢いるわけだし、声に出して言うことはできない。
チャットで会議室に来るよう呼びかけても 「忙しい」 の一点張り。

 

 

一度、女と目が合ったときがあったんですが、
そのとき、女は、驚いてツバを飲み込む仕草をしたんです。

 

この仕草って、わかりますよね!

 

自分が相手にとんでもない迷惑をかけていることを自覚しているときの仕草ですよ。

 

 

 

 

オレオレ詐欺
今は、振り込め詐欺という言い方が多いですか。

 

 

今年のこれまでの被害額は、東京だけで50億円を超えています。

 

今時点でも、どこかで魔の電話を受けているお年寄りがいることでしょう。

 

 

防ぐ手立ての1つとしては、

 

 

お金を求める電話がかかってきたら、
決して自分だけで判断せず、必ず、家族に確認することです。

 

孫だという男からかかってきたら、
家族に相談して、別の電話から実のお孫さんに確認の電話をしてください。

 

実際に、「友人がお金を取りに行くから・・・」 と言ってきた相手のウソを見破り、
家族が警察に通報。
その間、うまく騙されたふりを続け、孫の友達を名乗る男が自宅付近に現れたところ、
詐欺未遂で逮捕したというケースがあります。

 

 

また、家族間でしか知らないことを問いかけることも有効です。

 

 

ペットの名前
妹の名前
父親の職業、会社名
一緒に出かけた場所の名前   etc.

 

 

このような質問をさり気なくして相手を困らせるんです。

 

答えがわからない相手は、「そんなこと、今 どうだっていいじゃん。」 と言って
何回か粘りますが、挙句の果て、電話を切ります。

 

 

十分、気をつけてくださいね。

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ