これぞ、モチベーションを保つ秘訣

 

モチベーションが出ないときって
落ち込んでいたり、寂しさを感じていたり、カラダが疲れているときだと思いますが、
あなたは、そのような状態のとき、
どのようにしてモチベーションを上げようとしていますか?

 

 

やっぱり、自分にやる気を起こさせるためには
楽しいことを1つでも見つけることです。

 

 

モチベーションが高いときは、疲れなど感じていないときです。
疲れを忘れる状態になるんですね。

 

 

なので、疲れを感じない自分になるにはどうすればいいか・・・。
そのために、あなたが楽しくできることを見つけましょう。

 

 

同じ「やる」にしても

 

ただ漠然とやるのと
自分にはほしいものがあって、今年中にどうしても手に入れたいものがあるからやるのとでは

 

全然やる気って変わってきます。

 

 

 

こんな経験ないですか?

 

 

帰りの電車の中で、疲れて椅子に座っていて
「あ、そうだ。 あれをやらなきゃいけない
そうハッと思い出したこと。

 

そして、
「早く電車、駅に着かないかなぁ・・・」

 

早く家に着きたい

 

それです
そう思った瞬間は、疲れを忘れているはずです。

 

 

そのやることをやり終えたとき、その先、結果として待っているのは
楽しいことだからです。

 

 

やる気というのは
何をやるのかではなく、それをやる理由、動機がポイントです。

 

その動機は、あなたが楽しめるもの、熱中できるものであるべきです。

 

 

例えば、

 

今日は5月の第二日曜日なので、「母の日」ですが、
いつもお世話になっている母親にカーネーションや特別なプレゼントを渡した人
多いと思いますが、そこにメッセージカードを添えた人もなかにはいるかもしれませんね。

 

しかし、そのメッセージを書こう書こうと思っていたが、すっかり忘れてしまっていて、
そのことをふと、帰りの電車のなかで思い出したと・・・。

 

別にメッセージカードなど添えなくても気持ちは通じますからいいと思いますけど
メッセージを書きたい。

 

その理由は、

 

母を驚かせたい。
もしかしたら母が涙を流すシーンを想像しているのかもしれません。
そのようなサプライズを起こしたいという思いがあるからなんですよね。

 

 

このような理由があれば、
どんなに疲れていてもやるでしょう。

 

 

 

まあ、これはちっぽけな例だったと思いますが、

 

自分は何に対してワクワクするのか、
何に対して楽しみを見いだせるのか、

 

このようなことを先に考えるようにすると
自然と人間はカラダが動くものです。

 

モチベーションが保てるようにうなります。

 

 

そういうスタンスで
これからも頑張っていきましょう

 

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ