元大関・照ノ富士関 その不撓不屈の精神に感服!

 

2020年がスタートしました。

 

遅くなりましたが

 

新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 

 

今年は、五輪イヤー
7か月後には
日本で56年ぶりに世紀の祭典が開催されます。
どんな一年になるか、とても楽しみです。

 

 

大相撲も初場所が始まりましたね。

 

 

横綱・白鵬の連覇か
高安の大関返り咲きなるか
新関脇・朝乃山、小兵力士・炎鵬の活躍は?

 

 

様々な力士が注目されているなかで
場所前に
ある一人の巨漢力士がTVで取り上げられていました。

 

 

その力士は、

 

照ノ富士

 

 

TVでその姿を見なくなって久しいですが、
聞いて驚きました。

 

なんと、序二段
相撲を取っていたというのです。

 

 

ケガをして本来の力が発揮できていない
ということは知っていましたが、

 

両膝の手術や内臓疾患など患い、
まさに満身創痍だったと。

 

 

照ノ富士

 

 

大関まで駆け上がった人で
優勝経験もある力士ですよ。

 

192センチ、178キロ

 

ホント、強かった。

 

大関に昇進したときは、
周りの大関陣よりも先に
一番早く横綱になるだろうと思っていました。

 

 

しかし、

 

度重なるケガの影響で、欠場が続き・・・

 

年齢からくる体力の衰えではないのに
毎場所、毎場所
番付が下がっていく。

 

 

序二段といったら、
そこでは「関取」とは呼ばれない。
給料も出ない世界です。

 

 

元大関だった力士が、
まだ大銀杏を結えず、
髪をオールバックにしている若者力士たちと一緒の
土俵に上がる。

 

 

心が折れて当然でしょう。

 

 

プライドだってあるだろうし、

 

普通の力士だったら引退を考えると思います。

 

 

しかし、

 

親方やおかみさん、ファンからの声援。

 

周りの支えに応えたいという思いで
相撲を取り続けると決心。

 

 

現在は、十両まで上がり、
幕内復帰目前というところまで来ています。

 

 

諦めない心。

 

照ノ富士関のもの凄く強い精神力に
私は舌を巻きました。

 

 

地獄から這い上がった人って
応援したくなりますね。

 

 

再び、照ノ富士関が
化粧まわしを付けて
幕内力士の土俵入りに登場する日を
楽しみにしています。

 

 

 

ところで、

 

奇しくも
この記事を書いた日は、「成人の日」

 

令和初の新成人
今年は、122万人だそうです。

 

新時代、そして、今後の日本を支えていく若者たちへ。

 

 

これから社会に揉まれて
楽しい日もあれば、
辛く苦しい時も多々あると思います。

 

しかし、あなたは一人じゃない。
周りにはあなたを支援してくれる人が必ずいるので
一人で考え込まず、
人とのコミュニケーションを大切に

 

今回の照ノ富士関のように
難局が訪れても屈することなく
現状打破、ブレイクスルーしてください。

 

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ