点滅 - イヤでも人の目を奪う文字装飾 -

 

チカチカ・・・・

 

ピコンピコン・・・・

 

ウルトラマンのカラータイマーじゃありませんが

 

「点滅」って、どうしても目がいってしまいますよね。

 

 

あなたのブログやホームページで

 

点滅させてみたいというメッセージがあったら、ここでご紹介する仕掛けを試してみてください。

 

 

点滅には、それ用のHTMLタグが必要になるのですが、

 

 

以前は、<blink> というタグがあったんです。

 

まさしく、blink = 点滅させる、という意味のタグなんですが
昔、NetScape というブラウザがありましたでしょ
実はこのタグ、そのブラウザ独自のタグだったんですよ。

 

で、その NetScape は消えていってしまったので
この blink タグも今はもうなくなっています。

 

 

そして、

 

それに代わってとばかりに登場してきたタグがあります。

 

 

marquee タグです。

 

 

もともと、このタグは、点滅させるものではなく、
サイト上で文字をヨコに動かしたり、タテに動かしたりすることができるタグなんですが
その文字が動くスピードまでコントロールすることができるんです。

 

そのヨコ、タテ方向の動かし方は、後日、お伝えしますね。

 

 

文字を点滅させるには、こちら↓

 

 

 

  <marquee scrolldelay = "500" scrollamount = "420" width = "420">
  
  </marquee>

 

 

青い塗りつぶしバーが、テキストと思ってください。

 

 

scrolldelay =

 

   点滅するスピードを指定。 小さい数字ほど早くなります。

 

scrollamount =   width =

 

   この2つの属性は、移動値に関する指定なんですが、
   数字は点滅させるテキストの長さです。 テキストより大きめにすればOKです。 
   実際にプレビューしながら指定してください。
   そして、その数字ですが、点滅させるには 両者必ず同じ数字にしてくださいね。

 

 

実際は、こんな感じ ↓ になります。

 

   振り込め詐欺にご注意ください

 

 

あまり、ひとつのページで使いすぎると 「うざいなぁ」 と思われるかもしれませんから
1つ か 2つ?  う〜ん、1つがいいでしょうかねぇ。

 

 

シリウスでは、

 

■ 見出し
■ 記事タイトル
■ 記事本文

 

で使うことができます。

 

 

 

 

あっ、こんな表示の仕方もユーモアがあっていいかもしれません。

 

                ↓ ↓ ↓

 

電光掲示板 - 流れるメッセージをあなたのサイトに -

 

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ