地震対策 水ストックの必要性

 

熊本の大地震から3週間が経ちます。

 

 

毎日、余震があり、
しかも、その揺れがデカいだけに
建物の中に入らず、
自家用車の中で生活している人が多いようですね。

 

 

狭い空間での寝泊まりによる
エコノミークラス症候群に遭っている方も多く
足を伸ばせる室内で
休んでほしいと思いますが
建物の崩壊を危惧するあまり
マイカーに身を寄せられている現状には
ホント心が痛みます。

 

 

ライフライン

 

とくに、 の供給は
まだ十分じゃないようです。

 

 

私は、ご飯やコーヒーを
美味しい水で作りたくて
クルマで一時間ちょっとで行ける
静岡県三島市にある
柿田川公園まで
富士山の湧き水を汲みに行っています。
20 リットルのタンクを 本持って。

 

 

 

 

この水のタンクは
台所の脇に置いてますが
コレ、いつも家に置いておくこと

 

今回の熊本地震を見て
つくづく必要だなぁと思いました。

 

 

近くにこのような天然水の汲み場があるのでしたら
汲んでおきましょう。

 

少なくとも20リットル2本は。

 

 

水汲み場がなければ
家の水道水だっていいじゃないですか。

 

 

一寸先は闇です。

 

明日は何が起こるかわからない

 

 

地震でこのタンクまで
潰されてしまったら仕方ないですが

 

残ったら
とてつもなく大きなヘルプになります

 

 

水は、普段からストックしておきましょう。

 

 

 

私が住む神奈川西部の周辺には、
こんな水汲み場があります。

 

       ↓ ↓ ↓

 

富士山の湧き水 カラダに効く理由

 

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ