頭を柔らかくする方法 - 図解の必要性 -

頭を柔らかくする方法 - 図解の必要性 -

 

あなたは、頭かたいほうですか? 柔らかいほうですか?

 

 

いきなりですが、このなぞなぞわかりますか?

 

「バラバラになった隕石が集まってできる惑星ってなあ〜〜んだ?」

 

 

このなぞなぞは、元フジテレビアナウンサーの八木亜希子さんが
土曜日の朝、ニッポン放送でパーソナリティーを務める 『Cafeどようび』 という
番組の中で出していた問題なんですが、

 

 

土曜日の朝というと、私はクルマを運転しているんです。

 

毎週、母を連れてランチとりながら買い物に出かけているので
そのときもハンドル握りながら、このなぞなぞを聞いていたんですね。

 

与えられる考える時間は10分間なんですが、私は結局わかりませんでした。

 

 

あなたはわかりましたか?

 

もし、このときの八木さんのラジオ聞いてたら、笑ってるかもしれませんね。

 

 

私は、自分で言うのも何ですが、頭かたいです。(笑)

 

その答えを聞いたとき、「ああ、何だ。○○すれば一発でわかるじゃないか。」と。
その答えは、この記事の最後でお知らせしますね。

 

 

人から言葉や文章で説明を受けて、なかなか理解できないとき
図や絵で表してみると理解できることって多いです。

 

 

私の会社はコンピューターメーカーなんですが、
先日、ウチの会社の機械を使っていただいているお客様に
機械の保守契約を延長していただけるということで、
延長なので保守料金に割り増し分が発生するんですが、
その割増料率を間違った%で出して伝えてしまったため、
迷惑をかけてしまったことがあったんです。

 

 

そのため、お詫びの報告書を作成したんですが、
当然、問題を起こしてしまったので、問題の原因と再発防止策を
記述したわけですが、お客様が一番知りたいところって
やはり、今後どうやって問題を防止するのか、という部分なんですね。

 

 

その再発防止策を最初、文章だけで、もちろん相手に理解してもらえるように
書いたんですが、お客様に理解してもらえなかったんです。
もう少しわかるように具体的に書いてきてほしいと。

 

 

そこで、その対策というのは、
お客様のデータを蓄積するデータベースに手を加えて改善したわけなんですが、
その改善した部分をイメージで掴んでもらおうとパワーポイントを使って絵で表したんです。
そしたら理解してもらえました。

 

 

このお客様が頭がかたいと言っているわけではありませんが、

 

やっぱり、文章ではなく絵で表すことは、頭が整理されますし、
気づかなかったことが見えてくるんですね。

 

 

人から口頭で説明受けても、自分でノートに絵を描いてみると理解できます。

 

 

人は何かを考える時や伝える時、文章を書く傾向がありますが、

 

意識的に図や絵を描くようにしてみてください。

 

 

 

あっ、それではなぞなぞの答えですが、

 

私は、このときハンドルを握ってたんで、
紙に書いたりすることができなかったんですが
紙に書いていればわかる問題でした。

 

「隕石」をひらがなでもカタカナでもいいです。
4文字、紙に書いてみてください。
そして、その4文字をバラバラにして並べ替えてみてください。

 

そうです。 わかりましたね(笑)

 

 

 

 

報告書など作成時、書き漏らしのないようにするためには・・・

 

     ↓ ↓ ↓

 

記事で言いたいことを書き忘れないために

 

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ    

関連ページ

相手の目にストレスを与えない文章術
あなたは、文章を書くとき何に注意して書いてますか?ネットビジネスの世界で文章が書けることは非常に大事です。文章でしか自分の意志、思いを伝えることができないから。まあ、動画や音声ファイルをアップしてアピールすることもありますが、そのアップした知らせをするのは、結局、文章ですから、文章がしっかり書けないとネットの世界では生き残っていけないといっても過言ではありません。売れる文章の書き方とは。
腹立つ 「おめでとうございます。当選しました」 メール
「おめでとうございます。当選しました!」こんなタイトルのメールが届くことがあります。中身みるともちろん応募などしていないし、ただ開封させるための件名付けなんですよね。こんな信頼感を著しく損なうような虚偽のインパクト付けしなくても、読者に開封してもらえるタイトル付けの方法があるんですよ。詳細はコチラから。
相手にフラストレーションを与えない文章の書き方
あなたは、相手にメールをうつとき、どんな点に気をつけて書いていますか?私は、いつも 「相手の人はこの文章を読んで、一発で理解してくれるだろうか・・・」と思って書いています。リモートにいる人に自分の思いを”活字を並べて” 伝えるわけですから難しい面がありますよね。そんな文章を書いて、相手にメッセージを伝える時、気をつけるべき点があります。それは・・・
記事で言いたいことを書き忘れないために
あなたは、記事で言いたいことをもれなく書くことができてますか?プレゼンテーションでも終わった後「あ、あれを言いわすれたぁ!」ってことあります。ブログの場合は言いたいことは文字で表現するわけですが、言いたいことを漏らさず書く方法を知りたくないでしょうか?あるんです。詳しくはコチラから。
読者が喜んで読む文章の書き方とは
会社で様々な人とメールのやりとりをしていますけど、読みやすい文章、読みにくい文章、いろいろな文章にお目にかかります。「なんで、こんな書き方するんだろう・・・読み手のこと考えてんのか?」ってこんな文章ですよ。自分で書いていてわからないのかなあ・・・・・ 詳細はこちらから。
ふざけた返信しやがって
いやあ〜驚きました。会社で毎日イヤというほどメールのやりとりをしていますけど、一昨日、私よりキャリアの長い先輩に、ある質問をしたところ、その先輩から返ってきた返事。 たったの5文字だけ・・・・詳細なコチラから。
サイトの良し悪し、第三者の目
ある有名なアフィリエイターさんが、サイト診断されているということを知り、自分の作ったサイトがどのように訪問者の目に映っているのか、診断をお願いしてみたところ、ものの見事にブッタ斬られました。 やっぱり、自分ではわからない。第三者に見てもらうことで、初めて気づく点が出てくるんですね。

 
トップページ プロフィール 目次 オススメ 商品 メルマガ SNS お問い合わせ