病床からの壮大プロジェクト発表

病床からの壮大プロジェクト発表

 

パンダ渡辺さんに

 

とんでもない宣告が下されました。

 

パンダ渡辺さんって

 

インターネットビジネス業界で
「パンダさん」の愛称で多くの人から親しまれている

 

渡辺雅典さん

 

先日もここのブログで紹介しました
Dreamers という稼げるキュレーション・サイト
提供してくれているネットビジネス界のスゴ腕講師です。

 

 

そのパンダさんに、なんと

 

肺がん ステージ4 の宣告が・・・

 

 

ネットビジネスの講師を名乗る人は大勢いますが、
良い講師、悪い講師いろいろいます。

 

 

初心者に自分のノウハウを教えようと
スクールを開校する人がいますが、

 

スクールを売りに出しているセールス期間中は、
親切丁寧に質問などに対応しても
いざ、スクールがスタートすると
動画に出てくるだけで
まったく表舞台に出てこない。

 

サポートは、スキルがあるのかどうかわからないような人に
対応を任せて、自ら生徒とのコミュニケーションをとらず
与えられたカリキュラムを実践しても結果が出せず
困った生徒からのメールにもしらんぷり・・・

 

なんていう講師、少なくありません。

 

しかし、

 

パンダさんは違います

 

 

この人は、サポートの神 と呼ばれている方。

 

スクールを開校するなら
「サポートが命」という信念を持たれており、
質問に対しては、
朝だろうと、日中だろうと、深夜だろうと
「音速」という表現はオーバーかもしれませんが
とにかくレスポンスが速い。

 

また、face to face で話し合う場、
オフライン・セミナーですね。
このようなコミュニケーションの場を全国各地で開くなど
とにかく、生徒を稼がせるために精力的に動く方です。

 

 

たくさん稼いでいるからって

 

天狗になるわけでなく
偉そうにふるまうでもなく
お高くとまるなんてこともなく

 

とにかく、
パソコン一台で誰でも稼げるネットビジネスの素晴らしさを
多くの人に浸透させたい

 

24時間、そのことだけを考えている。

 

その思いは
がんになってかtら
さらに強まったようです。

 

 

パンダさんは、今、必死になってがんと闘っています。
最先端の治療を受けているようなので、
必ずや、がんを小さくして、
また、セミナー会場に登壇してくれるものと思っています。

 

 

でも、ステージ4 = 死

 

これが世間一般の見方。

 

 

もし、万が一のときのことは
今のうちから考えておかないといけない。

 

そのときが来てからでは遅いんだ。

 

 

そんな思いから

 

パンダさんは、病室からどんでもない構想を発表しました。

 

その名は、Dreamersプロジェクト

 

 

これまで稼いだ財産を
にまで持っていくことはできない・・・

 

涙ものです。

 

 

こちらから今すぐ確認してください。

 

     ↓ ↓ ↓

 

Dreamersプロジェクト

 

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ    

関連ページ

夢が集まったキュレーション・サイト
インターネットは、情報の宝庫です。わからないこと、調べたいことがあるとき、これまでは国語辞典を本棚から出したり、英単語も辞書を開いたりして調べてきましたが、今は、めっきりそのようなことはしなくなりました。インターネットで検索すれば、ほとんど自分の知りたいことがわかるからです。しかし、 インターネット上にある情報はあまりに膨大な量となり、ただ、キーワード検索だけでは欲しい情報・質の高い情報を得ることが難しくなってきました。そのような状況下、今、注目を集めているのが、こんなサイトです。それは・・・
東京マラソン アフィリエイトのチャンス = 毎年 =
2015/2/22(日)、東京マラソンが行なわれました。参加選手の中には、外国人選手は別として、地方から参加している人、多かったでしょうねぇ。その地方から参加している人って、日帰りでの参加?いやいや、そんなことないですよね。宿泊施設をとっているはずです。「ん? ・・・ということは?」 そうです。ここに アフィリエイトのチャンス が潜んでいます。それは・・・

 
トップページ プロフィール 目次 オススメ 商品 メルマガ SNS お問い合わせ