金銭詐欺に遭った男のネットビジネス脱出戦略

 

最近、野菜の直売所に行って思うことがあります。

 

私がよく立ち寄る
静岡県のとある「道の駅」でのことです。

 

 

これまで台の上に置かれて
売られている野菜には

 

品名と値札がついていましたが、

 

いつからだろう・・・

 

生産者の「顔写真」が載っているのです。

 

 

 

 

そのお店に並んでいるすべての野菜に
ついているわけではないですが、
いくつかの野菜には、

 

その野菜を手に
生産者が笑顔を振りまいている写真や

 

ご夫婦で写っている写真、

 

顔はハッキリわからなくても
畑をバックにした形で遠目に撮った写真など・・・

 

 

今まで
生産者の名前を
値段のラベルに載せている所はあっても
顔写真はなかったですね。

 

 

その生産者は、知っている人ではありませんが、
(中には、知り合いだという人もいるでしょう。)

 

「あぁ、こういう人が作っているんだぁ。」

 

写真を見れば、そう感じるし、

 

中には、写真と一緒に

 

「我が家で心を込めて作りましたぁ〜」

 

なんていう吹き出しが書かれていたりすると

 

勝手に距離が縮まったような感じがして
ほっこりして、
その野菜に手が伸びてしまうのではないでしょうかね。

 

 

”人の笑顔は、周りの人を幸せにする”

 

と言いますが、まさしくそうですよね。

 

 

直売所の人に聞いてみましたが、

 

この生産農家の写真を載せたことで
野菜全体の売上高が、
20%上がったそうです。

 

 

 

あなたが、ネットビジネスをしているのであれば、

 

ブランディング(信頼性)を得ることが重要です。

 

 

ネットビジネスは、
情報を提供して結果を得るビジネスモデルですが、

 

情報を発信しているあなたは誰なのか、何をしている人なのか、

 

まず相手に伝えないといけません。

 

 

今は、SNSが華やかな時代ですが、

 

facebook、twitter、LINE

 

プロフィール画像に、あなたの顔写真を載せていますか?

 

顔を載せてもハッキリわかるようにしたくないという場合は、

 

横顔にしたり、
アングルつけたり、
帽子かぶって影を作ったり、
全身を入れて遠目に撮ったり、
アプリでセピア色をつけたりと

 

それでも抵抗があるなら、アバターを使うとか・・・

 

 

相手とコミュニケーションとるのであれば、
手を加えてでも
あなたであることがわかる写真を
プロフィール画像には使うべきです。

 

 

ましてや、これらのSNSアプリを
ビジネスツールとして捉えているのであれば、
顔写真は必須ですよ。

 

 

良い情報にありつけても
その情報の発信者が誰なのか・・・

 

名前(ハンドルネーム)はわかっても
顔写真がなければ、
相手にあなたという人は強烈なイメージとして
残らないのです。

 

なぜなら、

 

画像は、文字よりも強く人の脳裏に焼き付くから。

 

 

「この人って、どんな人?」

 

あなたの情報を検索にくる人の立場になって
考えてみてください。

 

あなたが見ているPC、スマホの向こうには
人がいるのです。

 

 

 

今回の野菜の直売所でも

 

ただ顔写真を載せるという
ちょっとした工夫・変更が
大きな改善、成果につながっているわけです。

 

 

 

まだ、ためらっていますか?

 

大丈夫 思い切って一歩踏み出しましょう

 

 

 

 

ここのところ、お天気が不安定ですね。

 

台風も次から次へと発生してくるので

 

1つ去っても青空が見られません。

 

大気の急激な変化にご注意くださいね。

 

 

続きを読む≫ 2018/08/17 09:57:17

 

久しぶりに会社で力仕事をしました。

 

力仕事と言っても、机上の作業ですけどね。

 

3500件くらいあるデータのDB入力。

 

6人で手分けしたので、1人600件くらいのボリュームです。
この入力を明日までに終わらせないといけない。

 

 

あなたもこんな経験ないですか?

 

 

このような作業は、同じ作業をただひたすら行なうので
だんだんと件数をこなしてくると、作業のスピードも上がってきます。

 

そんなとき、
作業の最中で電話がかかってきたり、
横ヤリが入ったりするとイヤですよね。

 

止まっちゃうと、どの処理まで行なったのか忘れてしまうことがあるので。
続きの処理がわからなくなってしまったり・・・

 

 

なので、
私はこのようなときは会議室にこもって作業することがあります。

 

 

 

今回、会社で発生したこの作業は、一時的なものですが、

 

継続する必要がある作業をあなたが持っている場合、

 

あなたは、しっかり、毎日作業することができてますか?

 

 

 

「慣性の法則」というものがあります。

 

止まっている物体に、力を加えなければ、
その物体はそのまま止まり続ける。
動き続けている物体に、力を加えなければ、
物体はそのまま動き続ける。

 

少し言い方を変えると

 

物体に外部から力が働かないとき、
または、働いていてもその合力がゼロであるとき、
静止している物体は静止し続け、
運動している物体はそのまま等速度運動を続ける。

 

というものです。

 

 

 

あなたは、facebook やブログなど、
ご自身の媒体を持っているかと思います。

 

 

facebook でほしいものって何ですか?

 

友達ですよね。

 

人数は、誰でも5000人までという上限がありますが
友達が多ければ多いほど、自分から発信する情報をたくさんの人に届けられるので
ビジネスするにも友達は多く持っておきたいところです。

 

そのためには、

 

毎日、記事投稿したり (画像つけてですよ)、
人の記事にいいねしたり、コメントしたりすると
あなたに友達申請がどんどん来るようになり、友達が増えていきます。

 

 

ブログを開設したら
ほしいものって何ですか?

 

アクセスですよね。

 

そのためには、やっぱり、毎日の記事更新が必要です。

 

毎日、記事更新して、ping送信したり、ソーシャルブックマークに
記事登録を行なうことで、アクセスが伸びていきます。
また、記事数が100記事を超えてくると、グンとアクセスは伸びる
と言われています。
1記事の文字数も1000文字を目安に書くといいでしょう。

 

 

・・・・と言っておきながら
私自身がブログの記事更新、毎日できていないんですけどね、ゴメンナサイ。
努力します。

 

 

 

今日、ここで私があなたにお伝えしたいこと。

 

それは、

 

継続作業は、3週間は続けてくださいということです。

 

 

 

毎日、作業をして軌道に乗ってくると、やり続けることができます。

 

毎日、やろうという力が働くんですね。

 

これが、ちょっと間を空けてしまって、
一週間おきとかになってしまうと
その一週間後がきたときに、やる気が起こらないんですよ。

 

「まあ、いいや・・・」
となる確率が非常に高くなってしまうわけです。

 

これが、毎日だと
「あっ、やらなきゃ」となって習慣づきます。

 

 

人間は、週間続けると習慣づけられると言われています。

 

 

この先ず〜〜〜っと作業を続けられる
その基準となるのが、3週間なわけです。

 

 

3週間続けることができれば、
一日休む日が入ったとしても続けることができますし、
その後は、楽に続けることができるようになるんですね。

 

 

別に、毎日、同じ量をこなす必要はないんですよ。

 

今日は、ちょびっとだっていいわけです。

 

要は、続けることが大事なんですから。

 

 

ちょっと言い方がきつかもしれませんが
継続作業を目の前にしたら、3週間は死にもの狂いでやりましょう
慣性の法則を味方につけて。

 

 

そうすれば、4週目以降は楽に続けられます。

 

もうやらないと気持ち悪いという感じにさえなりますよ。

 

その結果、思いもよらぬ成果があげられることがあるでしょう。

 

 

慣性の法則、侮れません。

 

 

がんばりましょう

 

 

 

 

うるさい上司にこき使われながらの毎日・・・
いつまで続けますか?
自由に使えるお金と時間を手に入れる
あなたにもできることです。
足を運んで損はないですよ。

 

   ↓ ↓ ↓

 

http://goo.gl/iZLge4

 

 

続きを読む≫ 2015/07/08 00:43:08

 

あなたは、

 

自分の人生、この先、安泰だと思ってます?

 

 

私はそうは思っていません。

 

会社から毎月、給料をもらってますけどね。

 

 

若い人材が育ってきたから・・・
会社の売り上げが落ちているから・・・
会社として若返りを図りたいから・・・

 

 

私なんか、
会社勤めして、もうすぐ30年というオッサンですし

 

いつ、どんな理由で
「もう、いいよ」的なこと言われるかわからない。

 

私よりキャリアの浅い仲間が
実際、リストラされているし・・・。

 

 

ホント危機感もってますよ。

 

 

あなたは、大丈夫ですか?

 

 

 

ホント今の世の中、一寸先は闇。

 

 

気象と同じで、

 

いつ雷雨や雹が降ってきたり
突風や竜巻が起こるかわかりません。

 

 

いつ、なにが襲ってこようとも
自由に使える時間とお金をもっておきたいですよね。

 

 

何が起ころうともデ〜〜〜ンとして構えていられる。

 

 

そのためには、

 

自分で稼ぐチカラを身につけることです。
もちろん家に居ながらですよ。

 

通勤なんてとんでもない!

 

 

 

そんなパワーを授けてくれる達人たちに会える
機会があります。

 

  ↓ ↓ ↓

 

http://goo.gl/iZLge4

 

 

 

ちょっと覗いてみてください。

 

 

続きを読む≫ 2015/06/28 14:35:28

 

目標を決めてもそのとおりキッチリ達成できていない。

 

 

世の中にこのような人
99%を占めているようです。

 

 

その理由は何だと思います?

 

つあります。

 

 

ひとつは

 

目標をあまりにもバクゼンと立てているから。

 

自分が目標を達成するために
何をしたらいいかわかっていない
状態です。

 

 

そして、もうひとつが

 

目標が高すぎることです。

 

今の自分のスキル環境で
それが達成できるレベルではない
というような目標を無謀にも
立ててしまうんですね。

 

 

大きな目標を立てることは
もちろんいいことですし、
将来的な夢やビジョンはあっていいことです。

 

 

でも

 

目標にも立て方があります。

 

 

その目標に対して
直近3ヶ月でできることは何か。
ブレイクダウンしていきましょう。

 

 

大きな目標だけ掲げて
そのためには
何をすればいいのか・・・

 

そのことをわかっていない人が多いのです。

 

 

 

目標を立てても叶わない・・・・
なんとなくそう思っている。

 

年初に、「あれをやりたい」と
目標を立てても
結局、年末になって
「あ〜、できなかったぁ・・・」 となり
それが身に染み付いてしまっているところが
人間にはあるようです。

 

 

ですので

 

何をどうするという具体的なことが
自分で明確に細かくわかっている
状態を作れているか。

 

これが大事なんですね。

 

 

そのためには、
目標にたどり着くまでに
必要な作業を細かくピックアップして

 

何を
いつまで
どのようにして
実践すればいいかを

 

自覚すべしです。

 

 

 

目標は、自分が行動する指針です。

 

バクゼンと立ててはいけません。

 

 

個々の作業に
ブレイクダウンして
ひとつひとつ
いつまでに何をする・・・という
計画を立てて
アクションを起こしていきましょう。

 

 

そうすることで
自然と体が動いてしまうと
思いますよ。

 

 

頑張りましょう

 

続きを読む≫ 2015/06/07 00:03:07

 

その日のうちにやらなければいけないこと。

 

あなたは、もれなく成し遂げてますか?

 

 

会社に着いて
今日やらなければいけないことはわかっていても

 

帰るころになって
「あっ、しまったぁ」っていうときあるかもしれません。

 

そのときって、
なんで自分は忘れてしまったのか考えると思います。

 

 

まあ、私なんかも過去にありましたが

 

やろうとしていたときに電話がかかってきて、
その電話の用件を先にやったときとか

 

急に同僚が相談しにきたなど、
そのような横やりが入ったときとか。

 

まあ、やって(忘れて)しまったことはもう仕方ないので
同じような失念をしないようにしないといけません。

 

 

では、そのために何をやるべきか。

 

それは

 

紙に書きだすことです。

 

 

携帯やスマホのメモ帳などに
入力している人もいるかもしれませんが

 

手で字を書いたほうがいいです。

 

なぜなら、
指の動きと目の動き、両方の神経から
書いた内容が脳へインストールされるから。

 

 

また、紙に書けば自分の見えるところに
置くことができます。
スマホに入れたとして自分の視界に入力した文字は
見えませんからね。

 

 

受験勉強のときもそうですよね。
教科書や参考書をよく読んでも
重要なポイントは目で読むよりノートに書きだすほうが
しっかり憶えることできたでしょ。

 

ボタンPUSH ではなく、紙に書き出す。

 

じゃぁ、そのタイミングはいつ?

 

それは、です。

 

脳が活性化されている、朝、やるのです。

 

 

よく有名なアフィリエイターさんなんか、
「仕事? 一日にちょっとだけ作業するだけだよ。」
と言ってますが
その作業はたいてい朝やってます。

 

 

まあ、朝、会社勤めの人はギリギリに起きて、
急いで朝食とって支度して、ギリギリの時間に家を出て・・・
という感じで
たっぷり時間がとれる人はほとんどいないでしょうから、
電車の中ででも手帳やダイアリーに
今日やることを書き出すといいと思います。

 

 

私の場合は、電車に乗るとき6時台なので、
どうしても爆睡しちゃうので、会社に着いて書き出してます。

 

席に着いてPCが立ち上がっている間に
紙に書き出すようにしています。

 

 

朝、今日やらなければいけないことを紙に書き出しましょう。

 

そして、できるだけ午前中にやっつけてしまいましょう。

 

 

それともう1つ、お伝えしたいことが。

 

 

会社での一日が終わっても
アフター5に仲間と飲みに行ったりして、忙しい人多いと思いますが、
そのあと、家に帰ってホッとしてちょっと考える時間ができる時って、
どういう時でしょう?

 

バスタイム?
う〜ん、お風呂に入りながら考えることもありますが・・・

 

 

寝る前の時間です。

 

 

この寝る前の時間に、
どうして今日一日を振り返ってしまうと思うんです。

 

しかし、そこで反省したり、嫌なことを思い出したり、
上司に叱られたこと、やろうと思ったことができなかった。
忘れてしまった。明日やらなきゃ

 

このような嫌なことを思うのはやめましょう。

 

 

寝ている間は、自分の中の潜在意識のなかに
夢や希望、将来こうなりたい、ああなりたい・・・
というような自分の将来像というものを構築する
時間帯なんですね。

 

 

寝る前の時間は、その下準備の時間といったらいいでしょう。

 

 

あなたにも夢、目標、当然ありますよね。

 

それを達成した自分、
ほしいものを手に入れた自分を
瞑想する時間が、この寝る前の時間なんです。 

 

この時間帯だけといってもいいでしょう。

 

 

嫌なことではなく、
嬉しいこと、ワクワクすること、夢みていること。
そのようなことを考えたほうがいい眠りにつけますよ。

 

 

そして、目が覚めたら
朝のうちに、今日やらなきゃいけないことを紙に書き出しましょう。

 

 

 

 

あっ、モチベーションを出ないという時はこちらを。

 

      ↓ ↓ ↓

 

これぞ、モチベーションを保つ秘訣

 

 

続きを読む≫ 2015/05/24 08:36:24

 

モチベーションが出ないときって
落ち込んでいたり、寂しさを感じていたり、カラダが疲れているときだと思いますが、
あなたは、そのような状態のとき、
どのようにしてモチベーションを上げようとしていますか?

 

 

やっぱり、自分にやる気を起こさせるためには
楽しいことを1つでも見つけることです。

 

 

モチベーションが高いときは、疲れなど感じていないときです。
疲れを忘れる状態になるんですね。

 

 

なので、疲れを感じない自分になるにはどうすればいいか・・・。
そのために、あなたが楽しくできることを見つけましょう。

 

 

同じ「やる」にしても

 

ただ漠然とやるのと
自分にはほしいものがあって、今年中にどうしても手に入れたいものがあるからやるのとでは

 

全然やる気って変わってきます。

 

 

 

こんな経験ないですか?

 

 

帰りの電車の中で、疲れて椅子に座っていて
「あ、そうだ。 あれをやらなきゃいけない
そうハッと思い出したこと。

 

そして、
「早く電車、駅に着かないかなぁ・・・」

 

早く家に着きたい

 

それです
そう思った瞬間は、疲れを忘れているはずです。

 

 

そのやることをやり終えたとき、その先、結果として待っているのは
楽しいことだからです。

 

 

やる気というのは
何をやるのかではなく、それをやる理由、動機がポイントです。

 

その動機は、あなたが楽しめるもの、熱中できるものであるべきです。

 

 

例えば、

 

今日は5月の第二日曜日なので、「母の日」ですが、
いつもお世話になっている母親にカーネーションや特別なプレゼントを渡した人
多いと思いますが、そこにメッセージカードを添えた人もなかにはいるかもしれませんね。

 

しかし、そのメッセージを書こう書こうと思っていたが、すっかり忘れてしまっていて、
そのことをふと、帰りの電車のなかで思い出したと・・・。

 

別にメッセージカードなど添えなくても気持ちは通じますからいいと思いますけど
メッセージを書きたい。

 

その理由は、

 

母を驚かせたい。
もしかしたら母が涙を流すシーンを想像しているのかもしれません。
そのようなサプライズを起こしたいという思いがあるからなんですよね。

 

 

このような理由があれば、
どんなに疲れていてもやるでしょう。

 

 

 

まあ、これはちっぽけな例だったと思いますが、

 

自分は何に対してワクワクするのか、
何に対して楽しみを見いだせるのか、

 

このようなことを先に考えるようにすると
自然と人間はカラダが動くものです。

 

モチベーションが保てるようにうなります。

 

 

そういうスタンスで
これからも頑張っていきましょう

 

 

続きを読む≫ 2015/05/10 12:07:10

 

堀江貴文さん、ご存じですよね。

 

その堀江さんが久しぶりに公の場でいいメッセージを残している映像を見つけましたので
シェアしますね。

 

2014年、近畿大学の卒業式でのゲストスピーチです。

 

 

 

 

 

あなたは、やる前からいろいろ考えて、石橋を叩いて渡るタイプですか?

 

それとも

 

すぐ行動に起こして失敗して、失敗を何度か重ねて前に進むタイプですか?

 

 

私は、昔は前者でしたが、今は完全に後者です。

 

 

 

人間って、どうしても先にいろいろと考えてしまうところがあります。
やる前に考えてしまう・・・・

 

「うまく行かなかったらどうしよう」

 

まず、この思いがどうしても出てきてしまいますよね。
ネガティブなことを先に考えてしまうきらいがあります。

 

 

私もそうで、昔はなかなか行動を起こせませんでした。
そして、「あ、あのとき言っておけばよかった。 やっておけばよかった・・・」
と後悔してしまう。

 

恋愛なんかでもそうでした。(笑)

 

 

後悔したときって、めっちゃ悔しいじゃないですか。
でも、時計の針は戻すことはできない。

 

そして、

 

ああいう思いは、どんなことであれ二度と繰り返したくないと心に決めました。

 

 

 

「とにかく、思いついたとき行動を起こそう

 

 

失敗したっていいじゃないか。 
失敗したって死ぬわけじゃない。

 

 

失敗したときは、今までなかった気づきが得られるとき。
新たな知識が自分のデータベースに追加されるわけです。

 

 

もちろん、同じ失敗を繰り返してはいけないですよ。
それは前に進んでいないということですから。

 

 

 

大いに失敗しましょう 

 

というと語弊があるかもしれませんが

 

 

失敗を恐れず、大いに見切り発車しましょうよ。

 

 

 

行動を起こすことです。
行動を起こさなければ、恐れている失敗はしなくてすみます。
でも、行動しなければ成功もありません。

 

 

 

壁にぶち当たったら、リカバリーすればいいんです。

 

壁にぶち当たったら、もうぶち当たってしまったんだから、
当たる前の段階に戻すことなんてできない。

 

ぶち当たったら、そこからどうリカバリーするか、どう巻き返すかを考えるんです。

 

 

 

何故そうなったのか、原因はしっかりを考えないといけませんね。
二度と同じミスはしてはいけませんから。

 

 

そこで得た気づきって、あなたの財産ですよ。

 

誰も知ることのない、あなただけのものです。

 

 

 

会社でも最近ミスばかりですよ、私。

 

自分の担当ジョブにおいて、自分の意志で行なった作業を
上司に言わず実践したことで、こっびどく叱られたり・・・。

 

 

でも、「うるさいなぁ」と腹のなかで思いながらも上司に叱られたほうが、
何も言われず、”まあ、いいだろう” 的な評価をもらうことよりも
自分は前に進んでいるんだ、と思うようにしています。

 

 

 

見切り発車していいんです。

 

 

悔いを残す人生を送るのはやめましょう

 

 

 

「今を生きろ

 

堀江氏の講演をじっくり見て
今のあなたと照らし合わせてみてください。

 

 

続きを読む≫ 2015/04/26 00:02:26

 

私の住んでいる神奈川県西部に
根府川という地名があるんですが、

 

この根府川に
国道135号と県道、市道が
合流する地点があり、

 

そこに
今年2月、信号機が
設置されたんですよ。

 

しかし、
渋滞緩和を目的として
設置されたわけですけど、
完全に裏目!!!

 

かえって渋滞がひどくなったと苦情が相次いでいるとのこと。

 

 

私もこの道、この合流地点は、もう数え切れないくらい通っていますけど
別に苦には思ってなかったし、出来上がったのを見たときは、「何だ、信号か・・・」
という感じでした。

 

私の場合、真鶴の自宅から小田原方面(上り線)に出かけるとき、
日曜日やGW、お盆の時期など混んでいることが予想できるときは
はじめから県道に乗って、この根府川で国道に移るんですが、そこは混んでいても
ほとんどのクルマが互譲で一台おきに合流しているので、遅くても動いていましたから
別にイライラ感とかなかったんですね。

 

 

それがそれが・・・

 

この信号ができたあとは、上下線で平日でも大渋滞。

 

この合流地点は、海沿いにあるんですが、
特に小田原から熱海方面に向かう下り線では、
内陸部に入った所、あの箱根駅伝の4区〜5区へたすきを渡すメガネスーパー本社前。
そこからこの根府川まで約10kmくらいかな・・・つながっちゃうんです。
物流のトラックなんか時間に間に合わすことができなくなったとインパクトが大きいようですよ。

 

 

また、上り線でもこの合流地点の先が混んでいるときは、国道から市道に入ることで
時間短縮させることができてたんですが、それができなくなってしまったことは
私としては苦情を入れたいくらいです。

 

 

関係者は、「こんな渋滞するとは思わなかった・・・」と言っているようですが、

 

リサーチ不足ですね。

 

どれだけの人に意見を求めたんでしょうかぁ。

 

国民の税金を使って、7〜8年という長い年月をかけて作り上げたものが、国民の反発を買っている。

 

これじゃぁ、ダメよ、ダメダメですよね。

 

 

 

あなたは、リサーチしていますか?

 

 

ネットで情報を発信したいとき、その情報を必要としている人がいるかはもちろんのこと、
その情報をユーザーが手にしたとき、ユーザーがどのように変化することができるか、ということも
発信前にしっかり考えないといけません。

 

 

そして、間違いなくユーザーの悩みが晴れる、幸せになれることをイメージすることができたら
情報を配信すべきです。

 

 

そのためには、自分ひとりで考えないことですね。

 

 

この情報は受け入れられる!
この商品、商材は絶対売れる!

 

 

あなたがそう思っていても、他の人はそうは思っていないかもしれません。

 

 

ネットビジネスで結果を出すために必ずやらなければいけないこと。

 

それは、

 

結果を出している人から教示を受ける。
メンターを持つ。

 

ということです。

 

周りの人の意見を聞くだけでなく、
その道で結果を出している人の意見を聞く、アドバイスをもらうことは必須条件です。

 

 

 

今回の信号機問題ですが、

 

聞くところによると、
根府川の県道に面したところにあるホテルに宿泊のため東京からクルマで
やって来たお客がこの合流地点で国道から県道にスムーズに入れないと・・・
どうやら県会議員に話したのがトリガーになったという声も・・・

 

 

そのあと、道路公団の担当者に意見を求めなかったんでしょうかぁ。

 

 

どの道にもプロはいますからね。

 

 

クルマの運転でも
「だろう運転」ではなく、「かもしれない運転」をしろと言われます。

 

大丈夫だろう・・・ではなく、
危ないかもしれない・・・という意識を常に持てということです。

 

 

今回、自分の身近で起こった問題を目の当たりにしたことで
いろいろな人の意見を聞くこと、そして、何でも相手目線で物事を考えなきゃいけないんだ、
ということを再認識しました。

 

 

あなたも情報を発信するときは、
特に大事な情報ほど、周りの人の意見も聞いて
確実に相手に有益となる、喜ばれるモノを提供してくださいね。

 

 

 

こちらの心遣い、ちょっとしたことだけど感心しました。

 

     ↓ ↓ ↓

 

南武線車両の心遣い

 

 

続きを読む≫ 2015/03/09 00:19:09

 

新年、明けましておめでとうございます。

 

久しぶりの記事投稿となってしまいました。

 

 

実は、そろそろメルマガを始めようと思っておりまして、
そのため登録案内ページを作っておりました。

 

もうすぐ、このブログに載せようと思っていますので、
お待ち下さい。

 

 

また、これまで、サイト作成ツール「シリウス」の機能の解説や
ちょっとしたHTML構文を書いてシリウスの標準機能では表現できない手法なども
ご紹介したりしてきましたが、

 

今年は、
画面動画を撮って、もっともっとわかりやすく
シリウスのマニュアルには載っていない裏ワザ テクニックなど
あなたに解説していきたいと思っているので

 

画面動画キャプチャーソフトの「 Camtasia Studio 」も導入しました。

 

 

以前から、やってみたいと思っていたことを
今年はひとつひとつカタチにしていきたいと思っています。

 

 

 

そして、今回

 

私の自己紹介をはじめて音声で録りました。

 

私のアバターの下にリンクを置いておりますので
お時間のあるときにでも聞いてみてください。

 

 

私が、ネットビジネスを始めるキッカケとなった金銭詐欺事件のことは、外せませんから
まず、その事件のことから触れています。

 

 

私は、ちょっと早口っぽいので、そこのところを気をつけて収録しましたが
もし、聞き取りにくい箇所がありましたらゴメンナサイ。

 

 

 

 

今年は、ひつじ年ですし、

メェ〜〜〜〜〜っちゃくちゃ、いい年にしたいですね。

 

 

あなたにとっても
良い年になることを願っております。

 

 

 

それでは、今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

シリウスに音声をのせる方法は、コチラ

 

         ↓ ↓ ↓

 

シリウスから音声ファイルをアップさせるには

 

 

続きを読む≫ 2015/01/02 14:08:02

 

NTTコミュニケーションズ主催のカスタマーセミナーに招待された私は、
セミナープログラムの1つであった基調講演で、すばらしい話を聞きました。

 

 

講演者は、

リッツ・カールトン大阪の総支配人

 

テーマは、「顧客満足度」

 

 

講演者は、顧客サービスで
世界トップレベルを誇る
リッツ・カールトンのサービスの数々を
紹介していました。

 

 

その内容を聞いた私は、
先日、このブログで、リッツ・カールトンの
電話予約応対についてお伝えしましたが

 

宿泊客に対しても、
リッツ・カールトンでは、他のホテルにはない心の行き届いたサービスを展開しています。

 

 

あなたは、旅行の直前または当日に 体調を崩してしまったこと ありますか?

 

 

こんなことがあったそうです。

 

 

あるお客の部屋を清掃しているときのこと。

 

掃除係の人が、清掃中、ゴミ箱の中身を捨てようと箱の中を見たところ、
薬(錠剤)のカラがあったそうなんですね。

 

でも、ここでスルーせず・・・

 

「あっ、きっとこの部屋のお客様は風邪を引いているに違いない・・・」

 

そう思った掃除係の人は、部屋の掃除が終わったあと、
これ以上、こじらすことがあってはいけない
部屋に加湿器を置いていったというんですね。

 

 

「お部屋を清掃中にゴミ箱を見ましたらば、お薬のカラがありましたので
お風邪を引かれているのではとお察ししたものですから、加湿器をお持ちいたしました。
どうぞ、ご自由にお使いくださいませ。」

 

というメッセージ・カードを添えて。

 

 

これだけでも感動モノですよね。

 

 

しかし、リッツ・カールトンの気遣いは、お客がホテルを後にするときまで続きます。

 

 

この加湿器を提供されたお客が、チェックアウトしようと、フロントに行ったとき、
フロントマンが、お客の顔を見るなり、こう声をかけたそうです。

 

「お風邪の具合はいかかですか? 大丈夫ですか?」

 

 

この言葉を受けたお客は、感動のあまりしゃがんで泣き崩れてしまったそうです。

 

 

掃除係の人が、その場でフロントに部屋の番号と状況を連絡していたわけです。

 

すばらしい連携ぶりですね。

 

 

当然、フロント側も誰がこのお客と応対してもいいように
全員に情報がシェアされている。

 

 

 

そう力説する大阪総支配人の話に、
私は、客席の一人ひとりに出されたコーヒーに口をつけるのも忘れ、
ただただ聞き入ってしまいました。

 

「すごいなぁ〜」

 

 

 

このセミナーを聞いた数日後、

 

私は、私用で沖縄に出かけました。

 

そして、宿泊当日、予約したホテルに予定より少し早く到着してしまったんです。

 

チェックインできる時間の前ということなので、それじゃ、それまで周辺を散策しようと
私は、カバンだけでも預かってもらおうとフロントにお願いをしました。

 

ところが!!!

 

預かってもらえませんでした。

 

まだチェックインということで断られたんです。

 

 

ビックリしましたねぇ。

 

「これから泊まる客の荷物くらい預かってくれてもいいじゃないかぁ

 

男性のフロント係でしたが、一瞬、噛みつきたくなりましたよ。

 

 

バカでかいホテルではありませんが、結構、名の知れた ホテルだったんですけどねぇ。

 

 

大きな違い ですよね。

 

 

リッツカールトンの話を聞いた直後だけに、なおさらそう感じました。

 

 

 

とにかく、お客に喜んでもらうためには何をしたらいいか。

 

リッツ・カールトンは、それを常に従業員全員が考えている。

 

なぜなら、

 

またそのお客に来てほしいから。

 

 

このホテルの宿泊料金は、手頃価格ではないです。
しかし、その価格をリーズナブルな価格と思わせてしまうほどのサービスを提供して
お客を何回も呼んでいるわけですね。

 

 

リッツ・カールトンでは、
到着したお客を部屋までエスコートする際、
従業員がお客にいろいろ言葉をかけるそうです。
そこで、お客の趣味や好みを聞き出し、また顔色まで伺って、
ホテルとしてこのお客に何ができるか考えるんだそうですよ。

 

そして、

 

お客の期待を上回るサービスを提供して、お客のハートをつかむ。

 

 

 

これは、ネットの世界にも当てはまる話ですよね。

 

 

ネットユーザーが、どんな悩みをもち、どんな情報を求めてサイト検索しているのか、
それをしっかりリサーチした上で、その人に刺さる情報を提供する。

 

 

情報を提供して、ユーザーの悩みが解決しても
その悩みが今後再発しないための方法など、再発防止策といったような情報を
プラスして提供するとなお喜ばれますよね。

 

 

相手に喜ばれると、提供した方も嬉しいですし、自分の成長を感じることができます。

 

 

そうすることによって、
お客とビジネスをしていくうえで必要な 信頼関係 を構築していくわけですね。

 

 

お客の期待を上回る情報提供。

 

 

今回の基調講演を聞いて、
私は、そんな情報提供をしていきたいと強く思いました。

 

 

 

あなたも お客様目線 で、相手の心に響く情報提供をしてください。

 

 

 

 

リッツ・カールトンのすばらしい予約電話応対サービス
その内容はこちらから。

 

       ↓ ↓ ↓

 

ホテル予約の返答 - リッツカールトンの究極サービス -

 

続きを読む≫ 2014/12/05 23:45:05

 

NTTコミュニケーションズ主催の
カスタマーセミナー招待されたときに聞いた
基調講演の内容をご紹介したいと思います。

 

 

私は、以前、電話回線関連の仕事をしていたことがあります。
私の会社はコンピューターメーカーなので、
お客様で使用されている機械がトラブルを起こしたときに対応する
コールセンターがあるんですが、

 

そのような問い合わせ窓口へ電話したとき、
今もうほとんどの企業が導入していますよね。

 

 

音声ガイダンス

 

 

問い合わせの内容に対しボタンを押させて仕分けして、
人を介さず担当オペレーターや回答メッセージに誘導するシステムです。

 

私は、このシステムの管理をしていた関係で、
NTTコミュニケーションズとやりとりしていたので
年に一回開催されているカスタマーセミナーに招待されたんです。

 

場所は、札幌でした。

 

 

その基調講演ですが、

 

リッツ・カールトンというホテル
知ってますか?

 

 

東京では、六本木の「東京ミッドタウン」にありますが、
カスタマー・サービスの質では世界でトップクラス
と言われる最高級ホテルです。

 

 

この日、私が参加したセミナーで講演されたのは、
リッツ・カールトン大阪の総支配人でした。
テーマは、顧客満足度 について。

 

 

あなたは、ホテルの予約をされたことありますよね?

 

今は、ネットから予約される人が多くなってきていると思いますが、
私なんかは、まだやっぱり電話してしまいます。

 

当日になって 「いや、予約入っていませんが・・・」 と言われたら・・・なんてこと考えちゃうもんで。(笑)

 

 

その予約電話をして、あなたも満室で断れられた経験あるかと思いますが、
ほとんどのホテルは、「満室です。申し訳ありません。」 で電話を切ってしまいますよね。

 

 

ところが、リッツ・カールトンは、そこで電話を切らないんです。

 

 

たとえ満室であっても
お客が望む部屋と似たグレードの部屋が、周辺のホテルにないか探してくれて
折り返し電話してくれるというんです。

 

 

「そんなことするホテル、聞いたことがない。」

 

感心しましたねえ。

 

 

ホテル予約というと、
私は、以前は結構、会社の出張であちこち行かせてもらいました。
今はもう全社で経費節減の嵐が吹き荒れているので、
ほとんど行かせてもらえなくなりましたが・・・。

 

予約の電話なんか、もう何十回としてきましたけど
どこかけても満室でなかなか取れないときって、無駄な時間を使ってしまうし、
イライラするときもありますよね。

 

 

しかし、リッツ・カールトンは、代わりになって探してくれる。

 

お客の要望に直接応えることができなくても代替策はないのか瞬時に考える。

 

結果的に、お客の要望に応えることができなくてお詫びすることになっても
その前に、お客のために、今、ホテルとして出来ることを全力でやるという姿勢。

 

 

お客目線 というものを徹底しているんですね。

 

「答える」のではなく、『応える』    そうです、が入っているわけです。

 

 

泊まってもらえなくても電話してきたお客を " 大事な顧客 " として捉えている。

 

 

こんなサービスされたら
また予約の電話入れたくなりますよね。

 

 

やはり、ビジネスをやっていくうえで、新規顧客を獲得すること は当然のことですが、
売上を伸ばすためには、繰り返し商品を買ってくれるリピート客を大事にしないといけない

 

 

お店の店員さんが感じのいい人だったら、また、その店に行こうと思いませんか?
思いますよね!

 

私なんか商品云々よりその店員さんに会いたい!という気持ちが先に出てしまいます。(笑)

 

 

お客の心に刺さるようなサービス、情報を提供すれば
そのお客はまたあなたの元を訪れます。 何回でも訪れるでしょう。

 

なぜなら

 

人は感動したことは絶対に忘れないから。

 

 

 

あなたのブログ、ホームページにもたくさんのアクセスが集まりますよ。

 

 

 

リッツカールトンのお客の期待値を超えたサービス
この基調講演でまだまだ話してくれました。

 

それは、後日あらためてお伝えしますね。

 

続きを読む≫ 2014/12/02 23:20:02

 

フィギュアスケートグランプリシリーズ2014中国上海大会で
まさかのアクシデントが発生。

 

 

フリー演技直前の6分間練習中、
羽生結弦選手と中国のエン・カン選手が正面衝突!

 

 

いやあ〜、TVで見てビックリしました。

 

「こんなこと、起きるんだなあ〜」

 

 

フィギュアスケートって
背面走行って言ったらいいんですか?
うしろ向きで滑ることって多いですからね。

 

羽生選手はジャンプをしようとしたのか
うしろ向きで滑りながら、チラッと後方を見た瞬間、
エン・カン選手と激しくぶつかってしまいました。

 

どのくらいのスピードが出ていたんだろう・・・。
相手の選手も同じくらいのスピードが出てるわけだから
ぶつかった時の衝撃度は倍ですよね。

 

 

あごから血を流し、しばらく立ち上がれない羽生選手は
救護スタッフに抱えられながら何とかドレッシングルームに戻りましたが
誰もがフリーの演技は無理だろうと思ってたでしょう。

 

 

しかし、彼は戻ってきた。

 

頭に包帯、あごに絆創膏を貼って。

 

 

そして、ジャンプで5回転倒も
新曲「オペラ座の怪人」を最後まで演じきった。

 

 

今回のこのドラマには

 

満身創痍になりながらもリンクに立った姿に感動した!という声のほかに
今後の選手生命を考えるとこの結果はよかったのかどうか疑問を感じる・・・
という声もあがった。

 

 

たしかに、

 

演技終了して、
ふらつきながらコーチのもとに帰った彼の姿には、涙さえ出たし、

 

本人の意志とはいえ、周りの人間はどう思っていたのか?
という声が出ても不思議ではないですね。

 

 

しかし、

 

自分の演技を楽しみにして会場まで足を運んでくれた人、
テレビの前で応援してくれている人のことを
まず第一に考えたのでしょう。

 

 

諦めてはいけない。

 

 

リンクに立つ力が残っている以上
ファンの期待を裏切ってはならない。

 

 

自分のことより、相手を思う気持ちですね。

 

 

 

 

相手を思う気持ち。

 

 

これは、ネットビジネスの世界でも大事なことです。

 

 

フィギュアスケートの会場と違って
ネットの場合は、お客さんが見えませんから
ついつい自分のことだけを考えてしまいがちです。

 

 

しかし、PCの向こうには人がいることを絶えず意識して
キーボードをたたかないといけませんね。

 

 

 

私もこうして会社で仕事をこなしながら、記事を書いていますが、
本ブログを開設して、まだ2ヶ月半・・・

 

訪問してくれる人はまだ数人しかいませんが、
見てくれる人がいる以上、続けていかなきゃ!と思ってますし、
これから多くの人とメールでのやりとりもしたいですし、
たくさんコミュニケーションを図っていきたいと思っています。

 

 

 

今回、羽生選手の不屈の闘魂に脱帽しました。

 

 

 

あなたが、もし、ブログを立ち上げていて反応が感じられなくても
諦めないでください。

 

 

立ち上げていきなり多くのアクセスを獲得することなんかできませんし、
ブログは、記事を書き続けて3ヶ月、100記事くらいになってから
アクセスが増えてくると言われます。

 

 

あなたのブログ
あなたのホームページ
あなたの記事

 

 

楽しみにしている人は、必ずいます。

 

 

相手に伝える記事は、ほんの数行でなく、1000文字を目安に。
魂込めて、感情を出して、相手の心に響く記事を書きましょう。

 

 

読者が楽しく感じる文章は、やはり感情の込められた文章です。

 

 

「ん? 感情を出すってどうやって?」

 

 

それは、とにかく本音を伝えることですね。

 

 

文面のなかで敬語をたくさん使ったり、変に飾ったりすると
感情って伝わりにくいんですよ。

 

 

また、会話文を入れたりすると
着飾らない普段着の文章を書くことができます。

 

 

それだと、相手との距離も縮まります。

 

目に見えない相手ですが、身近に感じてもらえます。

 

 

 

ぜひ、あなたも記事を書く時は
あなたの本音や気持ちを積極的に伝える。
感情を込めた普段着の言葉で
相手に刺さるような記事を書いてください。

 

 

 

人を惹きつけるチカラ、持ち合わせたいですね。

 

       ↓ ↓ ↓

 

茅ヶ崎駅ホームの発車メロディー

 

続きを読む≫ 2014/11/09 15:19:09

 

あなたのブログには、プロフィールを載せてますか?

 

 

自身のブログには、自己紹介の記事を載せている人は多いですが

 

ネットショップや
あるテーマに特化した商品を紹介しているサイト、
あるいは、自分の体験談を紹介、例えば、薄毛で悩んでいる人向けに
自分が試した育毛剤の効果を伝えて、その育毛剤を紹介しているというようなサイトを
運営している人もいます。

 

しかし、そういうサイトに管理人のプロフィール記事ってものがないんですよね。

 

 

個人ブログではないサイトって、
ホント、自分のプロフィールを載せている人って少ないです。

 

 

プロフィール記事は載せるべきです。

 

 

なぜなら、

 

読者、訪問者(お客さん)とお友達になれるからです。
いや、お友達にならないといけません。

 

お友達になって信頼関係を築くことができれば、同じお客さんから何回も買ってもらえますし、
同じ商品のリピート購入もしてもらえます。

 

 

 

あなたは、店員のいない店からモノを買うでしょうか?

 

 

まあ、店員がいなければお金を支払うことができないのでモノを買うことはありませんが、
お客が入ってきても気づいていないのか、ちっとも店員が出てこない店ってありますよね。
また、店員が店にいても奥のほうで椅子に座ったまま、「いらっしゃいませ」も何も言わず、
ずっと座ったまま・・・というお店もあります。

 

なんか殺風景というか・・・
ちょっとお店側の姿勢というものを疑ってしまいます。
そんな店から私は買おうとは思いません。

 

 

このような店のように
どこの誰が運営しているかわからないようなブログ、サイトにするべきではないですね。

 

 

あなたが、どういう人物なのか
サイトの訪問者にしっかり伝える必要があるんです。

 

 

私も出身地をはじめ、住まい、趣味、体型、性格など、いろいろ書いています。

 

 

もし、サイト管理人と住んでいる町が同じだったり、地域が同じ御近所さんだったら
勝手に親近感が湧いてきます。

 

私だったら、そのブロガーにメールを送るでしょうし、
書いてあった趣味なんかが同じだったら、会って話したいと思ってしまいます。

 

 

人間ってのは、人に自分との共通点を見つけたら、自然と親近感が湧くものなんです。

 

 

何か共通点があって、ビビッとくるものがあったら、
その人の記憶にビシッと残りますから
サイトURLもお気に入りに登録してもらえて何度でも訪問してもらえるでしょうし、
お問い合わせフォームから質問やメッセージをもらうこともできます。

 

 

自分のプロフィール、これまで生きてきた過程を飾ることなく、
そのまま描写した感じで書きましょう。

 

 

プロフィール記事も 本記事と同じ位置づけで書く と効果的です。

 

なぜなら、

 

キーワードが随所に散りばめられるので、アクセスアップにつながるからです。

 

 

 

あと、自分の画像ですね。

 

 

プロフィール画像もしっかりしたものを載せるべきです。

 

 

一番は、やはり実写真。
でも、実写真を載せている人で、顔を見せまいと
自分をうしろから撮った写真を掲載している人がいます。
それは、どうでしょうかあぁ。 
訪問者に背を向けているような印象を与えてしまうようで、私はやりたくないですね。

 

まあ、自分の顔写真を載せるのはちょっと抵抗があるな・・・というときは
アバターを載せるといいでしょう。

 

アバター、つまり自分の似顔絵は、無料で描けるサイトもあります。

 

髪型、目、鼻、口、顔の輪郭など、顔の各パーツを数種類あるなかから選んで
自分の顔を形成していくというサイトです。

 

私も最初は、そのサービスを利用して、自分のアバターとして載せていました。

 

 

その無料サイトで作った私のアバターをお見せしますね。
こちらなんですよ。

 

 

       

 

 

実際の私よりぜんぜんハンサムになってしまいましたが (笑)
やっぱり、わかっちゃうんですね。
手の込んだ絵ではなく、インスタントラーメンみたいにすぐ作ってしまった絵だなと。
私の友人にそう言われてしまいました。

 

 

また、無料サイトで各パーツを組み合わせて作ったアバターは、
まったく同じ顔が他のサイトにもあったあぁぁ・・・なんていう可能性も
ゼロではないですよね。

 

 

サイトを訪問してくる人は、プロフィール画像を見て
管理人が本気でそのブログを運営しているかどうか、わかるといいます。

 

 

今、このブログに載せている私のアバターは、
こちらのサイト に写真を提供して書いてもらったものですが、

 

実際にお金を出して描いてもらった私の似顔絵をブログに載せたとき、

 

似顔絵とはいえ、まさしく自分の顔が公の場に出たことで、
マインドが変わりました。

 

「あぁ、俺のブログなんだぁ。 よし! 大事に育てて資産にするぞ!」

 

そういう気持ちになりましたよ。

 

 

あなたが持っているブログ、サイトに
プロフィールを載せていないのなら、ぜひ載せましょう。

 

 

 

管理人である自分をしっかりプロフィール記事で表現したら
記事の文章にも力が入りますよ。

 

         ↓ ↓ ↓

 

読者が喜んで読む文章の書き方とは

 

続きを読む≫ 2014/11/01 19:51:01

 

駅のホームで流れる発車時のメロディー

 

最近は、プルルルルルル〜〜〜〜〜〜という定番メロディーではなく

 

ユニークなメロディーを流す駅が増えてきました。

 

 

 

私は神奈川県のしっぽにあたる真鶴に住んでいて、会社は東京なので

 

東海道線を毎日使っているのですが、途中停車する17つの駅のなかに

 

茅ヶ崎という駅があります。

 

ここの駅のホームの発車メロディーが10月から変わったんですよ。

 

 

茅ヶ崎というと、有名なアーチストでは、
サザンオールスターズの桑田佳祐さんがいます。

 

そうなんです、桑田さんの曲に変わったんです。

 

 

茅ヶ崎は、桑田さんの生まれ故郷として知られており、桑田さんの作る曲のなかでも
茅ヶ崎の海や江ノ島、稲村ヶ崎など地元風景を歌ったものがいくつかありますよね。

 

 

その新たな茅ヶ崎の発車メロディーになった曲は、

 

希望の轍です。

 

 

朝は、電車の中で爆睡しているので、気付かず通り過ぎてしまいますが、
帰りの電車が茅ヶ崎駅に停車すると、 『希望の轍』 を聴くことができます。

 

いやあ〜、いいもんですねぇ。

 

この発車メロディーは、茅ヶ崎市民の思いと駅側の思惑が一致して、実現したそうです。

 

 

このニュースを耳にして、
このメロディーを毎日聴くために茅ヶ崎に引っ越したという会社員もいるようですよ。

 

 

 

あ、そうそう

 

このユニークな発車メロディー、
私の周辺では、茅ヶ崎駅だけではないんです。

 

茅ヶ崎の隣の平塚駅は、七夕で有名な地なので
ここのホームの発車メロディーは、「七夕」のあの曲なんですよね。

 

 

他には、私の通勤範囲の駅では、
東京の蒲田駅

 

蒲田駅は、東海道線ではなく、京浜東北線の駅なんですが
ここの発車メロディーは、何だと思います?

 

大ヒットした映画、「蒲田行進曲」のテーマなんです。

 

 

また、先日、横浜の関内に行ってきたのですが、
関内は、横浜スタジアムの最寄りの駅ということもあり

 

ここのホームでは、
横浜DeNAベイスターズの応援歌がかかってました。

 

 

 

あなたの住む地域の駅には、どんな発車メロディーが流れてますか?

 

 

 

この駅のメロディー聴きたさに引っ越す人がいるだなんて

 

人を惹きつけるパワー、ものすごいですよね。

 

 

 

このようなパワーって

 

ブログやホームページにも必要なモノだと思います。

 

 

では、

 

人を惹きつけるブログ、ホームページにするには何が必要か。

 

それは、まず、ヘッダー画像ブログのタイトルです。

 

これがインパクトあるかどうか。

 

 

インパクトがあれば、絶対、立ち止まってもらえるし、

 

インパクトがなければ、すぐ×ボタンをポチッと押されてしまいます。

 

 

そして、テーマを決めることですね。

 

人は必ず何かしら悩んだり考えたりしていることがありますから
その悩みを解消するお手伝いをするには、その悩みについての濃い情報を
提供する必要がありますよね。

 

そのためには、いろいろなジャンルの情報を発信するのではなく、
あるテーマに特化した情報を発信するブログ、ホームページを作るべきです。

 

 

今日はこのテーマ、明日はこのテーマ・・・・・とするよりは、
1つのテーマを決めて、様々な角度からそのテーマに関する情報を提供していくと
おのずとターゲット層も決まってきますし、その人たちに刺さるサイトになります。

 

 

あとは、記事をしっかり書くことです。

 

私がメンターとしているエンタメさんは、
毎日一記事入魂で1000文字書け!と言っています。

 

理由は、一記事1000文字書いている人は少ないし、
そのくらいの記事にすれば、検索エンジンからも高く評価されるから。

 

 

また、ネットビジネスはライティングが命

 

 

実店舗を構えて、お客さんと顔を合わせて、
モノを販売しているリアルビジネスと違って

 

ネットの場合は、基本、文章でしかアプローチする手段がないので、
ライティング・スキルを身につけることが必要不可欠。

 

さらには、

 

自分目線ではなく、パソコンの向こうにいる相手目線で、
お客さんの立場にたった文章を書かないと独り善がりの内容となって
二度とあなたのブログ、ホームページに訪問してくれなくなります。

 

そのためにも、

 

ほんの数行書くのではなく、1000文字を目安に記事を書いて
ライティング・スキルを磨け!ということなんですね。

 

 

 

私もこのエンタメさんのアドバイスを受け止め、1000文字は書くようにしています。

 

 

毎日、書きたいけど、ちょっとそれは今のところ出来ていないんですけどね。
会社からの帰りが遅いもんで時間がなかなか・・・・・なんて、あっ、これ言い訳だなぁ。(笑)

 

 

でも、記事書いているときって、
「あっ、この部分もっとわかりやすく読者に伝えたい!」なんてことが出てくると
あっという間に1000文字なんて超えちゃいますよ。

 

 

まあ、このライティングのことは、私ももちろん勉強中ですから
これから発見したこと、エンタメさんからアドバイスもらったこと、身につけたこと
お伝えしていきますね。

 

 

 

 

あっ、ブログ、ホームページで重要なヘッダー画像
人の目を引くようなデザインにするには・・・

 

       ↓ ↓ ↓

 

プロにも負けないヘッダーを作る方法

 

続きを読む≫ 2014/10/27 22:45:27

 

仕事帰りの電車のなかで

 

こんな中吊り広告を目にしました。

 

 

” 「あなたじゃなきゃ」と言われる未来を私は選ぶ ”

 

 

帝京平成大学の広告です。

 

 

 

このとき、ふと、考えさせられました。

 

自分は、今、「あなたじゃなきゃダメ!」 なんて思われているだろうか・・・・。

 

 

今の本業の仕事は
自分がほぼ一人で行なっているので、周りから頼りにされているとは思うんです。

 

 

でも、好きでやっている仕事ではないので、
心の底から喜びを感じているわけではないんですよね。

 

 

これまでの人生を振り返ってみても
義務教育を受けて、高校、大学と世の中に敷かれた道を通ってきましたが
その中に、”やりたい意志” というものが特にないんですよね。

 

 

同級生でいましたよ。

 

何やってもスポーツ万能な男の子がいたんですが
彼はバレーボールが好きで、地元付近の県立高校には行かず、
「春高バレー」でお馴染みの「春の高校バレーボール大会」に毎年名を連ねる名門校に
入ったんですね。
テレビ中継の試合にも出ていました。

 

 

それに対して、私はというと
何も取り柄というかやりたいことなどなく
ただ、そのまま周りに流された感じで普通の高校に入りました。

 

大学、そして就職もそう。

 

 

俺はコレをやりたいんだ!という自分の意志をもって就職先を探したのではなく、
これからはコンピューターの時代だな、とただ漠然とそれだけで現在の会社に入りました。
今から28年前の話です。

 

 

 

” 「あなたじゃなきゃ」と言われる未来を私は選ぶ ”

 

 

そのためには、

 

何か1つでも 自分の強み を持つこと だと思います。

 

あなたには、強みありますか?

 

 

これまで、自分の意志を全面に出してこなかった私が

唯一、これは自分の強みだな!といえるのが、

 

 

字がうまく書けることなんです。

 

 

もちろん、楷書ですよ。

 

崩して書く文字なんかじゃありません。

 

楷書普通に書く書体です。

 

 

先日、テレビで、書道家を名乗る人が、大きな筆で豪快な文字を書いているところを見ましたが
あれは、書道というよりは美術の世界というような気がします。
文字を敢えて崩して書いているじゃないですか。

 

 

大河ドラマのタイトルを書いたという書道家もいますが、
あれはやはり番組のためにインパクトを持たせる必要があるからでしょう。
なんか芸術の域ですよね。

 

その書道家は塾も開いていて、
大勢の子供たちに書道を教えているところが画面に映し出されていました。

 

「まさか、子供たちに崩した字の書き方を教えているんじゃないだろうなぁ。」

 

そんなことを思ったりしましたよ。

 

小さい子供たちには、楷書を教えるべきですからね。

 

 

最近の子供たちは、
生まれてくれば、
パソコンがあるわ、携帯・スマホがあるわ、インターネットがあるわで
ほとんど文字、文章は入力することばかり。
学校の授業にもパソコンが導入されたりで、
子供たちが自分の手で字を書く機会というものがめっきり減ってきてますよね。
年賀状だって裏表パソコンで作れちゃいますから。

 

 

あなたは、自分で書く字に自信がありますか?

 

 

よく冠婚葬祭の受付で自分の名前を書くのを嫌がる人って意外に多いです。
周りの人に自分の書いた字を見られてしまいますからね。

 

 

私は、そんな人たちにも自信をもっていただけるよう
楷書でうまく字を書く方法(ペン字)をお伝えしたいと思っています。

 

 

ホント、多くの方に自信もって字が書けるようになっていただきたいんです。

 

 

 

そのためには、まず、私が書く字を見ていただかないといけませんね。

 

そこは動画にするなりして皆さんに見ていただこうと

 

今、構想を練っているところです。

 

 

その内容は、また別の機会にお話ししたいと思いますが、

 

今日、ここでお伝えしたいことは

 

あなたの強みを出しましょう! ということです。

 

 

 

 

人には、必ず、周りの人より優れているものが1つはあると思うんです。

 

あなたにもきっとあるはず。

 

それをこれからは前面に押し出しそうではありませんか。

 

 

 

そのあなたの強みをまずは見つけて、それをどんどん磨いていって

 

相手の悩みを解消する手助けをすることができたなら

 

必ず、相手から「あなたじゃなきゃ!」と言われますよ!

 

 

頑張りましょう!

 

続きを読む≫ 2014/10/15 09:37:15


*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ    


 
トップページ プロフィール 目次 オススメ 商品 メルマガ SNS お問い合わせ