サイトの内窓、外窓って何?

サイトの内窓、外窓って何?

 

ブログやホームページを閲覧中、そこに貼り付いているリンクをクリック。

 

そして、

 

そのリンクの画面を見終わったから 「閉じよう。」  Xボタンをクリック。

 

そのとき

 

「あっ!!!」

 

それまで見ていたブログ、ホームページまで閉じちゃったぁ〜

 

 

こんな経験ないですか?

 

 

 

昨日、じゃなかったぁ・・・おとといですね。

 

(あぁ、毎日、記事書きたい〜〜〜!)

 

「Amazon商品リンクの横に文字を書く方法」 をご紹介しましたが、

 

 

まあ、この記事に限らず、私は書いた記事をアップしたら、
文章の内容がおかしくないか読みなおしたり、
貼り付けたリンクはちゃんとページに飛ぶかとか
確認しているんですけど、

 

その記事に貼り付けた Amazon の 画像のみ のリンク ありましたでしょ。

 

そうです、カシミアマフラーの画像リンクです。

 

 

それをクリックしたら
ちゃんとアマゾンの商品サイトに飛んだんですけど
見終わったから Xボタンを押したんです。

 

そしたら、

 

今読んでいた記事、私のブログまで閉じられちゃって・・・・。

 

「あら〜っ!」

 

こういう時って、
再度、またそのブログを開かないといけませんから
ちょっとめんどっちいですよね。

 

 

 

なぜ、一緒に閉じられちゃうの?

 

こういうことなんですよ。

 

 

 

普段、サイトを開くとブラウザの上のほうに
そのサイトの名称などが見出しとして書かれているタブがあるじゃないですか。

 

 

ブログ内に貼られていたリンクのページを見に行って、閉じたとき
ブロブまで閉じられてしまったというケースは、

 

その見出しのタブが
ブログを見ているときは、ブログ・タイトルの見出しとなっているんですけど、
ブログ内のリンクをクリックしたとき、
そのブログのタブに、そのリンク先のページ・タブが重なってしまうんですよ。

 

 

だから、リンク先のページの Xボタンを押すと、
ブログまで閉じられちゃうんですね。

 

というか、ブログ内のリンクをクリックした時点で
もうブログは閉じられる格好になるんですよね。

 

 

これを、内窓と呼んでいるんだそうです。

 

私のお友達の女性アフィリエイターさんから聞きました。

 

 

 

じゃあ、内窓があれば

 

そうですよねぇ〜、 当然、外窓があるはず。

 

はい、あるんです。

 

 

 

ブログ内のリンクをクリックしても

 

ブログの見出しタブには重ならず、
そのとなりにリンクページの見出しタブができるというものです。

 

 

これが、外窓

 

こういうやつです。
    ↓

 

  

 

 

 

内窓と外窓のHTMLタグは、基本、コチラ ↓ のように記述します。

 

 

◆ 内窓にしたいとき ◆

 

<a href= ”ここにURLを入れる” > ここにリンクをかけたい文字を入れる </a>

 

 

◆ 外窓にするとき ◆

 

<a href= ”ここにURLを入れる” target=”_blank”> ここにリンクをかけたい文字を入れる </a>

 

 

違いは、このタグです。

 

target=”_blank”

 

 

このターゲット・ブランクのタグが、開けたページの見出しタブを個別に作ってくれます。

 

 

a href= が、リンクを貼るときに指定するタグ。

 

このタグに入れる URL の後ろに、target=”_blank” を挿入してください。

 

 

 

「Amazon商品リンクの横に文字を書く方法」 で貼った画像のみリンクの場合は

 

青い塗りつぶし箇所target=”_blank” を挿入。

 

 

<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00I3STC8W/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00I3STC8W&linkCode=as2&tag=
kkotaki6422-22"target="_blank"><img border="0" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00I3STC8W&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=
JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=kkotaki6422-22" align="left"></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=kkotaki6422-22&l=as2&o=9&a=B00I3STC8W" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

 

 

その結果、

 

コチラのように、Amazon 商品のページ・タグができました。

 

 

 

 

 

これで、リンク先のページを見終わって閉じても
ブログにすぐ戻ってくることができますね。

 

 

 

あなたが、ブログ記事を書いていて、リンクを貼ったとき、

 

そのリンクが、ブログ外のサイトなら、外窓にすべきです。

 

同じブログ内の記事リンクだったら、内窓がいいでしょう。

 

 

今日は、ターゲット・ブランク という言葉、憶えてもらえたらと思います。

 

 

 

あっ、この HTMLタグも知っておくといいですよ。

 

          ↓ ↓ ↓

 

改行したのに改行してくれない理由

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ    

関連ページ

電光掲示板の文字配置について
電光掲示板のメッセージって、誰でも足を止めてでも見入ってしまいますよね。文字が横や縦に流れているから否応にも目につき、目を離してしまうと何のメッセージだかわからなくなってしまう。そんなメッセージの設置をあなたのサイトやブログに設置しませんか?
HTML構文をそのまま記事として載せるためには・・・
HTML構文をブログやメルマガ上で紹介している人なんて、まずいませんが、もし、紹介する場合、構文をそのまま書いてもサイトに反映されるのはHTMLの結果であり、構文が反映されるわけではありません。では、どうすればHTMLの構文をそのままサイトに出すことができるのか? それは < > だけをいじくればOK。 その方法とは・・・
点滅 - イヤでも人の目を奪う文字装飾 -
チカチカ・・・・ピコンピコン・・・・ウルトラマンのカラータイマーじゃありませんが、「点滅」って、どうしても目がいってしまいますよね。あなたのブログやホームページで「点滅」させてみたい!というメッセージがあったら、ここでご紹介する仕掛けを試してみてください。
電光掲示板 - 流れるメッセージをあなたのサイトに -
あなたのブログやホームページに、これは見逃してほしくない!という大事なメッセージあると思います。そのようなメッセージは、どのようにして目立つようにしていますか?蛍光ペンやマーク・目印をつけたり、様々な表現方法がありますが、電光掲示板タイプはいかがでしょう。その仕掛けはこちら。
ブログに貼ったリンクをピョコピョコ動かす方法
ネットサーフィンして、いろいろなサイトを見ていると ありますよね。文字や画像がピョコピョコっと動くやつ。マウスのカーソルを合わせたときにです。それはリンクなんですが、動いたりすると、ついついクリックしたくなりますよね。 その仕掛けをご紹介します。
文章の背景枠を設置する - 縦・横サイズ 自由自在 -
ブログの記事を書いていて、ある文章のひとかたまりを枠で囲いたい時があります。これをシリウスで行なうと横幅が目一杯固定されて設置されます。中身の文章が短いと右側に結構なスペースができてしまいます。でも必要な部分だけ枠付けする方法があるんです。コチラから。
改行したのに改行してくれない理由
「あれ?改行したのに何で改行されてないの?」 テキスト入力エリアに文章を打ち込んだときにそう思ったことありませんか? その理由は、そこの入力エリアがHTML構文モードになっているからなんです。 え!?あのゴチャゴチャした記号と英字をいれなきゃいけないってこと? いや大丈夫です。

 
トップページ プロフィール 目次 オススメ 商品 メルマガ SNS お問い合わせ