改行したのに改行してくれない理由

改行したのに改行してくれない理由

 

「あれ!? 改行したのに何で改行されてないの???」

 

 

テキスト入力エリアに文章を打ち込んだときに
そう思ったことありませんか?

 

 

長い文章を書いているとき、
適度な改行ブランク行を入れることは、
自分が一生懸命書いた記事を忙しい合間を縫って読んでくれる読者さんに
できるだけ読みやすいページ環境を提供する意味で大切なことです。

 

 

「うんうん、わかってる

 

 だけど、シリウスのフリースペースに文章を書いたとき、改行したんだけど

 

 プレビューで見てみたら、改行されてなくて、横に続いちゃうんだよ。」

 

 

あなたは、ホームページやブログを作るとき、
どんな作成ツールを使ってますか?

 

WordPressMT(Movable Type)などいろいろなサイト作成ツールがありますが、
私は、ACES WEB社提供のシリウス (SIRIUS)というツールを使っていますので、
ここではシリウスでの体験談をお話ししますが、

 

 

シリウスには、本記事を書くエリアの他に
フリースペースという文字通り自由にテキストや画像を入力できる特別なエリアがあります。

 

 

サイトのテンプレートは、1カラム、2カラム、3カラムと3つのタイプが用意されていますが、

 

列にあたるそれぞれのカラムには、こちら ↓ は、3カラムの例です。
上段・下段とフリースペースが 合計6個 設けられているんです

 

 

 

 

このフリースペースに文章を入力して改行しても
結果、改行されないということなんですが、

 

その理由は、

 

フリースペースの入力エリアが、
HTML構文の入力モード になっているからなんですね。

 

 

ですので、

 

文章のなかに、改行するための HTMLタグ を入れてあげないといけません。

 

そのHTMLタグとは、 <br>  です。

 

br とは、break の意味。

 

 

私のプロフィール記事のトップに載せている文面は、
最初は、ブログ・トップページのヘッダー画像の下に載せていたのですが、
そのとき、その文章は、フリースペースの ”メインカラム(上段)”に
こちら ↓ のように書き込んでいました。

 

 

  このまま、だまって死んでいくなんて冗談じゃない!<br>
  まだまだ見たことない世界が沢山あるじゃないか<br>
  現状に負けてはいけない!<br>
  <br>
  世の中には私と同じような辛い思いをしている人が<br>
  きっといるはず。<br>
  そんな人たちに、私はパソコンとネット環境という<br>
  二丁拳銃を腰に携えて、ネットビジネスで明るい<br> 
  未来を掴んでいただけるよう、いつでも、どこからでも<br>
  ネットで稼ぐ有益な情報を発射したい。<br>
  <br>
  「辛」という字は、" 一 " を加えると、『幸』 になる。<br>
  そのための情報を私は提供していきます。

 

改行したい場所に <br> を入れています。

 

 

ブランク行を入れたい場合は、ただ、行に <br> を入れるだけです。

 

<br>は、タテに並べても、
<br><br><br> というようにヨコに並べても
入れた<br>の数だけブランク行ができます。

 

 

このフリースペースの入力画面は、
サイト全体設定のなかに、フリースペースの設定というタブがありますので
そこから画面をだすことができます。

 

 

 

シリウスに限らず、
他のサイト作成ツールやアプリ作成ツールなどで、
テキストを入力した後、改行しても反映されなかったら、
そこの入力エリアは、HTML構文モードだと思ってください。

 

<br> を入れれば、必ず、改行されます。

 

 

ぜひ、<br> を使用して、
美しく読みやすいレイアウトの記事を書いてくださいね。

 

 

あっ、相手の立場にたった文章の書き方は、こちらを参照ください。

 

          ↓ ↓ ↓

 

http://managatsuo.com/writing/entry26.html

 

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ    

関連ページ

電光掲示板の文字配置について
電光掲示板のメッセージって、誰でも足を止めてでも見入ってしまいますよね。文字が横や縦に流れているから否応にも目につき、目を離してしまうと何のメッセージだかわからなくなってしまう。そんなメッセージの設置をあなたのサイトやブログに設置しませんか?
HTML構文をそのまま記事として載せるためには・・・
HTML構文をブログやメルマガ上で紹介している人なんて、まずいませんが、もし、紹介する場合、構文をそのまま書いてもサイトに反映されるのはHTMLの結果であり、構文が反映されるわけではありません。では、どうすればHTMLの構文をそのままサイトに出すことができるのか? それは < > だけをいじくればOK。 その方法とは・・・
点滅 - イヤでも人の目を奪う文字装飾 -
チカチカ・・・・ピコンピコン・・・・ウルトラマンのカラータイマーじゃありませんが、「点滅」って、どうしても目がいってしまいますよね。あなたのブログやホームページで「点滅」させてみたい!というメッセージがあったら、ここでご紹介する仕掛けを試してみてください。
電光掲示板 - 流れるメッセージをあなたのサイトに -
あなたのブログやホームページに、これは見逃してほしくない!という大事なメッセージあると思います。そのようなメッセージは、どのようにして目立つようにしていますか?蛍光ペンやマーク・目印をつけたり、様々な表現方法がありますが、電光掲示板タイプはいかがでしょう。その仕掛けはこちら。
ブログに貼ったリンクをピョコピョコ動かす方法
ネットサーフィンして、いろいろなサイトを見ていると ありますよね。文字や画像がピョコピョコっと動くやつ。マウスのカーソルを合わせたときにです。それはリンクなんですが、動いたりすると、ついついクリックしたくなりますよね。 その仕掛けをご紹介します。
文章の背景枠を設置する - 縦・横サイズ 自由自在 -
ブログの記事を書いていて、ある文章のひとかたまりを枠で囲いたい時があります。これをシリウスで行なうと横幅が目一杯固定されて設置されます。中身の文章が短いと右側に結構なスペースができてしまいます。でも必要な部分だけ枠付けする方法があるんです。コチラから。
サイトの内窓、外窓って何?
ブログやホームページを閲覧中、そこに貼り付いているリンクをクリック。そして、そのリンクの画面を見終わったから 閉じようとXボタンをクリック。そのとき 「あっ!」 それまで見ていたブログ、ホームページまで閉じちゃったぁ〜という経験ないですか?ありますよね? そうならない手があるんです。こちらを。 こんな経験ないですか?

 
トップページ プロフィール 目次 オススメ 商品 メルマガ SNS お問い合わせ