金銭詐欺に遭った男のネットビジネス脱出戦略


電光掲示板のメッセージって

誰でも足を止めてでも見入ってしまいますよね。

文字が横や縦に流れているから
否応にも目につき、
目を離してしまうと
何のメッセージだかわからなくなってしまう。

そんなメッセージの設置を
あなたのサイトやブログに設置しませんか?


今回は
私が本ブログでご紹介している
電光掲示板について
質問をいただきましたのでシェアしますね。



あ、それとコレを言わなきゃいけない。


お問い合わせいただいた吉岡さんへ

回答をメールで返信しましたが
Server の Delivery Failure が返ってきてしまい
メールでお届けすることができません。

本ブログに載せるしかありませんので
こちらからご確認ください。




「文字と内枠の距離が均等になりません。」

【吉岡さんからのご質問】


■メルマガやブログ、HPへの引用可否: 引用可(苗字)
■お問い合わせ概要: 質問
■質問内容:

こんにちは吉岡と言います。


さっそくマナガツオさんのサイトにある
電光掲示板を自分のサイトに設置したのですが、
文字と内枠の距離が均等になりません。

文字の上部と内枠の間隔が広くなってしまっています。
padding: 1pxに設定した状態です。


何が原因なのか分かりません。

忙しい所申し訳ございませんが、ご教示お願いします。

設置したサイトはこちらになります。

http://www.compassionatemall.com/


「電光掲示板のメッセージに改行は不要です。」

【マナガツオからの回答】



吉岡さん

こんにちは。 マナガツオです。(^ ^)


お問い合わせいただき、ありがとうございます。
また、私のPCの調子が悪く、お返事が遅くなってしまい
申し訳ありません。


吉岡さんのサイトのHTMLソースを確認させていただきました。


@ <div style="color: #ffff00; background-color: #000000; width: 350px; padding:1px; border: solid 4px;
   border-color:#999999 #999999 #999999 #999999">


A <p><marquee scrolldelay="150" scrollamount="5" width="350"><br />   辛い膝の痛み、腰の痛みを
   和らげてくれます!</p>

B </marquee>

C </div


以下を試してみてください。


◆ 文字の上部と内枠の間隔が広くなっているのは、
  Aの構文の中、メッセージ文の前に改行の <br /> があるためです。
  <br /> は削除してください。

◆ また、段落付けの<p> と </p> もこの場合は不要ですので、削除してください。

◆ Cのタグのお尻に > をつけてください。


これで修正されると思います。


また、@で設定している padding ですが、
1px ですと見た感じ、窮屈に見えるので
もう少し大きめの数値にして
文字と枠の間に少し空間を持たせた方がよいかと思います。
4px くらいがいいでしょうか。


以上です。

もし、まだ何か不具合がありましたら、ご連絡ください。

今後ともよろしくお願いします。


マナガツオ




電光掲示板がどのような仕組みで作られているか・・・
こちらからご確認ください。
カンタンですよ ^ ^

          ↓ ↓ ↓

電光掲示板 - 流れるメッセージをあなたのサイトに -


続きを読む≫ 2016/06/26 20:52:26

 

ブログやメルマガ上で
HTML構文を紹介するために書くなんて人は
あまり、いや、ほとんど見かけません。

 

 

あんな英数字や記号がゴチャゴチャ並んだ文なんて見ただけで頭痛くなるし、
書きたいとは思わないですよね。

 

 

でも、私は、記事としての文章の書き方やそこに画像を盛り込むのであれば
読者さんが見やすい、読みやすい記事にしようといつも心掛けているので、
強調の仕方や文章と画像の位置関係などに結構こだわるほうなんですよ。

 

そうすると、

 

どうしてもHTML構文とおつき合いしないといけないんです。

 

 

 

例えば、

 

ある文章を強調するためにつける背景枠がありますが、
その枠のサイズを変えたいという場合。

 

 

この背景枠は、シリウスだと、文章の長さに関係なく横は決まったサイズで表示されるので
短い文章でも大きく枠がとられてしまって、余白の部分がたくさんできてしまうんですね。

 

その大きな枠を文章の長さに合ったサイズにしたいときは、
HTML構文に書かれている縦横サイズの数字を変えてあげればいいわけです。

 

 

しかし、

 

そのHTML構文の説明を私が読者さんにする場合、
構文を記事入力エリアに書くんですが、
記号 < で始まる構文をそのまま書いても NG なんですよ。

 

 

「ん? NGって何なの?」

 

 

それは、

 

HTML構文なので、記事入力の結果をプレビューで見てみると
HTMLの結果が表示されてしまうからです。

 

上の例だと、実際の背景枠が出てしまって、背景枠のHTML構文がでてくれないんですね。

 

 

 

では、どうすればいいのか・・・・・。

 

 

 

HTML構文は、必ず、<    > で括られています。

 

 

この記号、あなたも学校の勉強をしているときに
よくノートに書いてきたのではないでしょうか。

 

 

これ、不等号のマークですよね。

 

大なり、小なり なんて言うことが多いですかね。

 

あっ、 <    > だったら、小なり、大なりか

 

 

そこで、

 

HTML構文を記事として載せたい場合は、

 

この <    > 記号の部分をこちらのように置き換えてあげる必要があります。

 

 

 

 

この表記は、小なり、大なりを英語で表したものなんです。

 

 

 

 

そのをとって、アンドセミコロンで挟んであげた格好です。

 

 

 

このように書いてあげることで

 

サイト上には、< ........ > というように、HTML構文がそのまま表示されるようになります。

 

 

面白いですねぇ、 誰が考えたんでしょうかぁ。(笑)

 

 

 

あっ、例にあげた背景枠
そのサイズを好きなように決めるには・・・
詳細はこちらで

 

       ↓ ↓ ↓

 

文章の背景枠を設置する - 縦・横サイズ 自由自在 -

 

 

続きを読む≫ 2015/04/12 00:49:12

 

チカチカ・・・・

 

ピコンピコン・・・・

 

ウルトラマンのカラータイマーじゃありませんが

 

「点滅」って、どうしても目がいってしまいますよね。

 

 

あなたのブログやホームページで

 

点滅させてみたいというメッセージがあったら、ここでご紹介する仕掛けを試してみてください。

 

 

点滅には、それ用のHTMLタグが必要になるのですが、

 

 

以前は、<blink> というタグがあったんです。

 

まさしく、blink = 点滅させる、という意味のタグなんですが
昔、NetScape というブラウザがありましたでしょ
実はこのタグ、そのブラウザ独自のタグだったんですよ。

 

で、その NetScape は消えていってしまったので
この blink タグも今はもうなくなっています。

 

 

そして、

 

それに代わってとばかりに登場してきたタグがあります。

 

 

marquee タグです。

 

 

もともと、このタグは、点滅させるものではなく、
サイト上で文字をヨコに動かしたり、タテに動かしたりすることができるタグなんですが
その文字が動くスピードまでコントロールすることができるんです。

 

そのヨコ、タテ方向の動かし方は、後日、お伝えしますね。

 

 

文字を点滅させるには、こちら↓

 

 

 

  <marquee scrolldelay = "500" scrollamount = "420" width = "420">
  
  </marquee>

 

 

青い塗りつぶしバーが、テキストと思ってください。

 

 

scrolldelay =

 

   点滅するスピードを指定。 小さい数字ほど早くなります。

 

scrollamount =   width =

 

   この2つの属性は、移動値に関する指定なんですが、
   数字は点滅させるテキストの長さです。 テキストより大きめにすればOKです。 
   実際にプレビューしながら指定してください。
   そして、その数字ですが、点滅させるには 両者必ず同じ数字にしてくださいね。

 

 

実際は、こんな感じ ↓ になります。

 

   振り込め詐欺にご注意ください

 

 

あまり、ひとつのページで使いすぎると 「うざいなぁ」 と思われるかもしれませんから
1つ か 2つ?  う〜ん、1つがいいでしょうかねぇ。

 

 

シリウスでは、

 

■ 見出し
■ 記事タイトル
■ 記事本文

 

で使うことができます。

 

 

 

 

あっ、こんな表示の仕方もユーモアがあっていいかもしれません。

 

                ↓ ↓ ↓

 

電光掲示板 - 流れるメッセージをあなたのサイトに -

 

 

続きを読む≫ 2015/01/04 21:30:04

 

あなたのブログやホームページに

 

これは見逃してほしくない!という大事なメッセージ、

 

きっとあると思います。

 

 

そのようなメッセージは、
強調して書いていると思いますが、どのようにして目立つようにしていますか?

 

 

文字サイズの拡大や蛍光ペン、マーク・目印をつけたり、
様々な表現方法がありますが、こんな載せ方はいかがでしょう。

 

 

電光掲示板タイプです。

 

 

こちら の私のサイトに設置してみました。

 

 

どうでしょうかぁ。

 

黒地に黄色のテキストが右から左に流れているので、嫌でも目がいってしまいますよね。

 

 

 

このように、テキストをサイト上で動かすための HTML タグは

 

marquee というものを使います。

 

こちらが、電光掲示板のように、テキストを右から左に流すHTML構文です。

 

<div style="color: #ffff00; background-color: #000000; width: 633px; padding: 6px; border: solid 4px; border-color:#999999 #999999 #999999 #999999">
<marquee scrolldelay="150" scrollamount="5" width="633">
   メッセージ・テキスト
</marquee>
</div>

 

 

赤いタグの意味は、

 

color: カラーコード ・・・・・・・・・・・・・・・・ 動く文字の色
background: カラーコード  ・・・・・・・・・・ 掲示板の背景色  
width: ○○○px ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 掲示板の長さ
padding: ○px ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 文字と内枠との間隔
border: solid○ px  ・・・・・・・・・・・・・・・・ 内枠、外枠(二重枠)の間隔
border-color: カラーコード(A) カラーコード(B) カラーコード(C) カラーコード(D)  ・・・ 二重枠の色

 

 

 

   4箇所すべて灰色

 

 

 

青いタグの意味は、

 

scrolldelay=   ・・・・・・ 動くスピード。 値が大きいと遅く、値が小さいと速くなる。
scrollamount=  ・・・・・・ 動く距離。 値が大きいと速く到達しようとし、値が小さいと遅くなる。
width=   ・・・・・・・・・・ 動くエリアの幅。

 

 

 

動かすテキストにリンクを張ることもできます

 

通常どおり、シリウスでは、テキストをマークして、リンク挿入アイコン ↓ を押すだけです。

 

   

 

 

 

 

この marquee というHTMLタグは、面白いタグです。

 

テキストを絶えず動かし続けるタグなのですが、

 

電光掲示板のようにテキストをに流すだけでなく、
方向に動かしたり、点滅させたりすることもできます。

 

 

そのような仕掛け方もこれからお伝えしていきますね。

 

 

 

あっ、こちらの魅せ方も Good ですよ

 

         ↓ ↓ ↓

 

スクロールBOXの設置で最新情報一発確認

 

続きを読む≫ 2014/12/07 20:28:07

 

ネットサーフィンして、いろいろなサイトを見ていると

 

ありますよね。

 

文字や画像がピョコピョコっと動くやつ。

 

マウスのカーソルを合わせたときにです。

 

リンクなんですよね。

 

そういうとき、ついついクリックしてしまっているのでは?

 

 

私のこのブログでも

 

私のアバターをはじめ、クリックできる文面には、その仕掛けを入れています。

 

 

その仕掛けとは、

 

こちら の HTMLタグを <head> 〜 </head>の間に入れるだけです。
場所は、<head> 〜 </head> の間だったら、どこでもかまいません。

 

<style type="text/css"> <!-- a:hover {position:relative; top:2px;left:2px;} -->
</style>

 

 

シリウスでは、「編集」メニューの中にある HTMLテンプレート
直接、挿入することができます。

 

コピペして入れてみてください。

 

入れてアップロードすれば、
今まで動かなかった文章や画像のリンクが、カーソルを置くと浮き沈みする感じで動きますよ。

 

 

 

あっ、このタグをシリウスのHTMLテンプレート画面に入れた時、
注意することがあります。

 

まあ、このタグに限らず、どんなHTMLタグを入れてもいえることですが、

 

それは・・・

 

テンプレートを変えないことです。

 

テンプレートを変えたら
HTMLテンプレート画面の中身がリセットされます。

 

そうです、追加入力したHTMLタグは消えてしまうんです。

 

 

「ん!? そんなこと言うってことは、お前、やっちゃったのかあ?」

 

するどいですね。

 

はい、やっちゃいましたぁ (笑)

 

 

記事のタイトルバーに矢印のつく
デフォルト・タイプのテンプレートに変えてみようかと思ったんです。

 

結局、やめましたけどね。(笑)

 

 

 

それともうひとつ。

 

同じくシリウスの「編集」メニューにあるスタイルシート画面も同じですよ。

 

 

こちら の記事で紹介している内容は、
シリウスのスタイルシート画面にちょっとしたHTML構文を追加するんですが、
追加したあと、
ブログのカラーを変えてみようとかで、テンプレートを変更したりしたら、
追加したHTML構文は消えてしまいますからね。

 

 

気をつけてくださいね。

 

 

 

あっ、私のチョンボ話で話が横道に逸れてしまいましたが

 

 

こうして、ピョコピョコ動くことで
文面や画像がリンクであるということが一発でわかりますから
クリック率のアップが見込めます。

 

HTMLタグの中にある 2px という部分の数字を大きくすると、
リンクの動く幅も大きくなります。

 

試してみてください。

 

 

 

ということで、今日は

 

シリウスで作ったブログ、ホームページのリンク箇所が動く仕掛けの話をしましたが
今回、ご紹介したことは、トップページに貼ったリンクについてです。

 

やっぱり、トップページだけでなく、どのページに行っても
そこにあるリンクに同じような仕掛けをつけたいですよね。

 

 

ハイ、いろいろ調べてみます。

 

 

わかったら、お伝えしますね。

 

 

続きを読む≫ 2014/11/27 23:16:27

 

ブログの記事を書いていて
ある文章のひとかたまりを枠で囲いたい時があります。

 

 

書いている記事のなかで、ポイントとなる文章に枠を付けることで、
際立たせることができますし、見やすさが格段に上がります。

 

 

私がメンターとしている札幌のアフィリエイター・エンタメさんは、
読者やコンサル生からの質問に回答したメールを記事にしてブログに載せることで
読者全員にヒントや気づきを与えています。

 

エンタメさんは、その読者の質問と自身の回答の文面を
それぞれ枠で囲って、見やすく読みやすいスタイルにしているんです。

 

 

私もこれまで書いてきた記事のなかで
操作の手順などは、背景を灰色にした四角い枠をつけて書いたりしています。

 

 

この背景が灰色の枠は、シリウスにセットされているものです。

 

コチラ ↓ に準備されています。

 

 

  

 

 

他に、背景が色なし(通常枠)のものもあれば、点線枠もあります。

 

 

しかし、どの枠を選んでも
枠の 横幅 はというと、いつも 目一杯 なんです。 固定されているんですね。

 

もちろん、変ではないですし、いいと思います。

 

 

でも、

 

書いた文章が、横に短い場合は、
その文章を枠で囲むと、右側が結構、余ってしまうんですよ。

 

こんな感じで ↓

 

 

その手順ですが、

 

Excel の白紙ページは、格子状に線が引かれていますから
コレをまず線を取り除いた白い塗りつぶし状態にします。

 

 

そして、画像を貼り付けます。

 

そのあと、画像の上から文章を好きなように書きます。

 

もちろん、画像からはみ出てもぜんぜん大丈夫。

 

書き終えたら、その Excel のページをコピーしてペイントに貼り付け。

 

そして、範囲指定してトリミング(切り取り)すればOKです。

 

 

それをこのような枠にしたら ↓ どうでしょうか。

 

 

 

 その手順ですが、

 

 Excel の白紙ページは、格子状に線が引かれていますから
 コレをまず線を取り除いた白い塗りつぶし状態にします。

 

 

 そして、画像を貼り付けます。

 

 そのあと、画像の上から文章を好きなように書きます。

 

 もちろん、画像からはみ出てもぜんぜん大丈夫。

 

 書き終えたら、その Excel のページをコピーしてペイントに貼り付け。

 

 そして、範囲指定してトリミング(切り取り)すればOKです。

 

 

必要な部分だけに背景枠をつけた形です。

 

これは、シリウスに搭載されている機能では 出来ません

 

 

この場合、

 

指定するHTML構文は、以下となります。

 

ひとかたまりの範囲として定義する div タグで文面を挟みます。

 

 

<div style="background:#CCCCCC; width:450px; height:350px;">

 

 その手順ですが、

 

 Excel の白紙ページは、格子状に線が引かれていますから
 コレをまず線を取り除いた白い塗りつぶし状態にします。

 

 

 そして、画像を貼り付けます。

 

 そのあと、画像の上から文章を好きなように書きます。

 

 もちろん、画像からはみ出てもぜんぜん大丈夫。

 

 書き終えたら、その Excel のページをコピーしてペイントに貼り付け。

 

 そして、範囲指定してトリミング(切り取り)すればOKです。
</div>

 

 

 

 

背景色は、background で カラーコード を指定して
横 ( width ) と 縦 ( height ) の長さを決めてあげれば OK

 

どんなサイズの枠でも好きなように作ることができてしまいます。

 

 

これで、右側にスペースが空きましたから、
ちょっとした画像を載せたりすることもできますよね。

 

 

参考にしていただけると幸いです。

 

 

 

蛍光ペンって、黄色以外も出せますよ。

 

       ↓ ↓ ↓

 

蛍光ペン 黄色以外も使いたい

 

続きを読む≫ 2014/11/24 09:45:24

 

ブログやホームページを閲覧中、そこに貼り付いているリンクをクリック。

 

そして、

 

そのリンクの画面を見終わったから 「閉じよう。」  Xボタンをクリック。

 

そのとき

 

「あっ!!!」

 

それまで見ていたブログ、ホームページまで閉じちゃったぁ〜

 

 

こんな経験ないですか?

 

 

 

昨日、じゃなかったぁ・・・おとといですね。

 

(あぁ、毎日、記事書きたい〜〜〜!)

 

「Amazon商品リンクの横に文字を書く方法」 をご紹介しましたが、

 

 

まあ、この記事に限らず、私は書いた記事をアップしたら、
文章の内容がおかしくないか読みなおしたり、
貼り付けたリンクはちゃんとページに飛ぶかとか
確認しているんですけど、

 

その記事に貼り付けた Amazon の 画像のみ のリンク ありましたでしょ。

 

そうです、カシミアマフラーの画像リンクです。

 

 

それをクリックしたら
ちゃんとアマゾンの商品サイトに飛んだんですけど
見終わったから Xボタンを押したんです。

 

そしたら、

 

今読んでいた記事、私のブログまで閉じられちゃって・・・・。

 

「あら〜っ!」

 

こういう時って、
再度、またそのブログを開かないといけませんから
ちょっとめんどっちいですよね。

 

 

 

なぜ、一緒に閉じられちゃうの?

 

こういうことなんですよ。

 

 

 

普段、サイトを開くとブラウザの上のほうに
そのサイトの名称などが見出しとして書かれているタブがあるじゃないですか。

 

 

ブログ内に貼られていたリンクのページを見に行って、閉じたとき
ブロブまで閉じられてしまったというケースは、

 

その見出しのタブが
ブログを見ているときは、ブログ・タイトルの見出しとなっているんですけど、
ブログ内のリンクをクリックしたとき、
そのブログのタブに、そのリンク先のページ・タブが重なってしまうんですよ。

 

 

だから、リンク先のページの Xボタンを押すと、
ブログまで閉じられちゃうんですね。

 

というか、ブログ内のリンクをクリックした時点で
もうブログは閉じられる格好になるんですよね。

 

 

これを、内窓と呼んでいるんだそうです。

 

私のお友達の女性アフィリエイターさんから聞きました。

 

 

 

じゃあ、内窓があれば

 

そうですよねぇ〜、 当然、外窓があるはず。

 

はい、あるんです。

 

 

 

ブログ内のリンクをクリックしても

 

ブログの見出しタブには重ならず、
そのとなりにリンクページの見出しタブができるというものです。

 

 

これが、外窓

 

こういうやつです。
    ↓

 

  

 

 

 

内窓と外窓のHTMLタグは、基本、コチラ ↓ のように記述します。

 

 

◆ 内窓にしたいとき ◆

 

<a href= ”ここにURLを入れる” > ここにリンクをかけたい文字を入れる </a>

 

 

◆ 外窓にするとき ◆

 

<a href= ”ここにURLを入れる” target=”_blank”> ここにリンクをかけたい文字を入れる </a>

 

 

違いは、このタグです。

 

target=”_blank”

 

 

このターゲット・ブランクのタグが、開けたページの見出しタブを個別に作ってくれます。

 

 

a href= が、リンクを貼るときに指定するタグ。

 

このタグに入れる URL の後ろに、target=”_blank” を挿入してください。

 

 

 

「Amazon商品リンクの横に文字を書く方法」 で貼った画像のみリンクの場合は

 

青い塗りつぶし箇所target=”_blank” を挿入。

 

 

<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00I3STC8W/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00I3STC8W&linkCode=as2&tag=
kkotaki6422-22"target="_blank"><img border="0" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00I3STC8W&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=
JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=kkotaki6422-22" align="left"></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=kkotaki6422-22&l=as2&o=9&a=B00I3STC8W" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

 

 

その結果、

 

コチラのように、Amazon 商品のページ・タグができました。

 

 

 

 

 

これで、リンク先のページを見終わって閉じても
ブログにすぐ戻ってくることができますね。

 

 

 

あなたが、ブログ記事を書いていて、リンクを貼ったとき、

 

そのリンクが、ブログ外のサイトなら、外窓にすべきです。

 

同じブログ内の記事リンクだったら、内窓がいいでしょう。

 

 

今日は、ターゲット・ブランク という言葉、憶えてもらえたらと思います。

 

 

 

あっ、この HTMLタグも知っておくといいですよ。

 

          ↓ ↓ ↓

 

改行したのに改行してくれない理由

 

続きを読む≫ 2014/11/08 07:44:08

 

「あれ!? 改行したのに何で改行されてないの???」

 

 

テキスト入力エリアに文章を打ち込んだときに
そう思ったことありませんか?

 

 

長い文章を書いているとき、
適度な改行ブランク行を入れることは、
自分が一生懸命書いた記事を忙しい合間を縫って読んでくれる読者さんに
できるだけ読みやすいページ環境を提供する意味で大切なことです。

 

 

「うんうん、わかってる

 

 だけど、シリウスのフリースペースに文章を書いたとき、改行したんだけど

 

 プレビューで見てみたら、改行されてなくて、横に続いちゃうんだよ。」

 

 

あなたは、ホームページやブログを作るとき、
どんな作成ツールを使ってますか?

 

WordPressMT(Movable Type)などいろいろなサイト作成ツールがありますが、
私は、ACES WEB社提供のシリウス (SIRIUS)というツールを使っていますので、
ここではシリウスでの体験談をお話ししますが、

 

 

シリウスには、本記事を書くエリアの他に
フリースペースという文字通り自由にテキストや画像を入力できる特別なエリアがあります。

 

 

サイトのテンプレートは、1カラム、2カラム、3カラムと3つのタイプが用意されていますが、

 

列にあたるそれぞれのカラムには、こちら ↓ は、3カラムの例です。
上段・下段とフリースペースが 合計6個 設けられているんです

 

 

 

 

このフリースペースに文章を入力して改行しても
結果、改行されないということなんですが、

 

その理由は、

 

フリースペースの入力エリアが、
HTML構文の入力モード になっているからなんですね。

 

 

ですので、

 

文章のなかに、改行するための HTMLタグ を入れてあげないといけません。

 

そのHTMLタグとは、 <br>  です。

 

br とは、break の意味。

 

 

私のプロフィール記事のトップに載せている文面は、
最初は、ブログ・トップページのヘッダー画像の下に載せていたのですが、
そのとき、その文章は、フリースペースの ”メインカラム(上段)”に
こちら ↓ のように書き込んでいました。

 

 

  このまま、だまって死んでいくなんて冗談じゃない!<br>
  まだまだ見たことない世界が沢山あるじゃないか<br>
  現状に負けてはいけない!<br>
  <br>
  世の中には私と同じような辛い思いをしている人が<br>
  きっといるはず。<br>
  そんな人たちに、私はパソコンとネット環境という<br>
  二丁拳銃を腰に携えて、ネットビジネスで明るい<br> 
  未来を掴んでいただけるよう、いつでも、どこからでも<br>
  ネットで稼ぐ有益な情報を発射したい。<br>
  <br>
  「辛」という字は、" 一 " を加えると、『幸』 になる。<br>
  そのための情報を私は提供していきます。

 

改行したい場所に <br> を入れています。

 

 

ブランク行を入れたい場合は、ただ、行に <br> を入れるだけです。

 

<br>は、タテに並べても、
<br><br><br> というようにヨコに並べても
入れた<br>の数だけブランク行ができます。

 

 

このフリースペースの入力画面は、
サイト全体設定のなかに、フリースペースの設定というタブがありますので
そこから画面をだすことができます。

 

 

 

シリウスに限らず、
他のサイト作成ツールやアプリ作成ツールなどで、
テキストを入力した後、改行しても反映されなかったら、
そこの入力エリアは、HTML構文モードだと思ってください。

 

<br> を入れれば、必ず、改行されます。

 

 

ぜひ、<br> を使用して、
美しく読みやすいレイアウトの記事を書いてくださいね。

 

 

あっ、相手の立場にたった文章の書き方は、こちらを参照ください。

 

          ↓ ↓ ↓

 

http://managatsuo.com/writing/entry26.html

 

 

続きを読む≫ 2014/10/12 09:20:12


*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ    


 
トップページ プロフィール 目次 オススメ 商品 メルマガ SNS お問い合わせ