仮想通貨がテーマとなる●●が制作されます

仮想通貨がテーマとなる●●が制作されます

 

現在、仮想通貨のなかで
基軸通貨となっているのは
ビットコインですが、

 

 

アルトコインと称される
ビットコイン以外の仮想通貨のなかで

 

私が注目しているのは、
以前、このブログでも紹介しました

 

ノア・コインです。

 

 

ノア・コインは、

 

フィリピンの経済を活性化させるために
誕生した仮想通貨です。

 

 

国の平均年齢23歳という
若者が多いフィリピンにおいて
出稼ぎ労働者は、実に1000万人。

 

しかし、
その世界で働くフィリピン労働者にとって
頭の痛い問題となっているのが、
稼いだ収入の一部を本国の家族に送る際に
発生する送金手数料の高さです。

 

送金額の10%も手数料として取られては
その手数料の総額は、年間3500億円にも上ります。

 

その膨大な手数料をゼロにしようということで
ノア・コインが生まれました。

 

 

そのノアコインは
上場日は、当初の日付より3ヶ月も前倒しされて
2018年3月に取引開始となりました。

 

 

価格は、
上場のタイミングでは、
1NOAH、0.57円とされていましたが、
その後、上げ下げを繰り返し、
10倍になったときもありましたが
現在は(2018年10月)
0.1円を割っていると言われています。

 

 

仮想通貨は、
姿カタチのない通貨でも金融商品ですから
世界の金融情勢の変化の影響はもちろん受けます。

 

経済情勢、テロ事件、天変地異、自然災害など

 

世界のその日その日の状況によって
価格が変わってくるわけですね。

 

 

このような下落を起こしていることから
ビットコインを含め、
仮想通貨は終わったとか
ノア・コインは終焉を迎えるなど

 

そのような声があちらこちらで
聞かれていますが、
私は、まったく悲観などしていません。

 

 

あ〜だぁ、こ〜だぁ、言っている人は
ただ、毎日、取引所の数字を眺めて
そう言っているんだと思いますが、

 

仮想通貨の保持者、
日本でビットコインをもっている人は、
まだ5%です。

 

しかし、これでも日本は
世界で一番、仮想通貨をもっている人種と言われています。

 

 

仮想通貨、
まだ、始まったばかりです。

 

ビットコインだって、
始まったときは、1BTC=8セントだったのです。

 

 

これからさらに
どんどん仮想通貨が、
人々が便利さに気づいて
世界中に広がっていくことを考えたときに

 

今の上下なんて
ハッキリ言って、誤差にしか過ぎないと思っています。

 

上がったか下がったかは
たしかに気にはなるでしょう。

 

しかし、

 

大事なことは、

 

しっかりとインフラが整備されるかどうか。

 

その通貨が、”使える” コインになっていくのかどうか。

 

ココなんです。

 

 

 

ノア・コイン

 

その進捗は、順調です。

 

インフラ整備が、順調すぎるほど順調と聞いています。

 

 

 

フィリピンの決済会社である
ペイ・リミットと提携したことで
すでに健康保険、公共料金がノア・コインで支払い可能に。
また、
ペイ・リミットと提携している
フィリピンで人気のショッピング・サイトで
ノア・コインが使用可能となっているそうです。

 

 

また、カナダで最大の決済会社
コイン・ペイメンツとも提携し、
そのコイン・ペイメンツの決済を受け入れている
全世界220万以上の店舗やECサイトで
ノア・コインの利用が可能となっています。

 

 

2019年には
ノア・オリジナルの決済システムも開発するとのことです。

 

 

フィリピンにある
大規模リゾート地、
グレッグ・ノーマンがデザインしたというゴルフコースでも
すでにノア・コインは使われています。

 

 

ここでそれ以上に細かく言うつもりはありませんが

 

 

仮想通貨、ノア・コイン

 

今まだ持っている人はぜんぜん少ないけれど、
電子メールでお手紙を切手買わずに、即、相手に送れるように、
お金をいつでもどこにいても瞬時に送ることができる。
そんな利便性が高いことから
これから間違いなく普及します。

 

 

そして、普及した暁には
世界中に使えるインフラが整っている。

 

今、そこを目指しているわけです。

 

 

そして、さらに

 

10月にさいたまスーパーアリーナで開催された
ワールド・ブロックチェーン・フェスティバル2018の席上で

 

驚きの発表がありました。

 

 

 

 

なんと、

 

ノア・コインをテーマとしたTVドラマが 
日本で制作されることが決定したとのこと。

 

ドラマの中で
ノア・コインでの決済シーンが何度も出てくる。

 

フィリピンのドラマではなく、
日本のドラマです。

 

2019年の春頃に撮影が始まる予定だそうです。

 

 

一気に広まるでしょうね。

 

 

 

仮想通貨は、約束された未来です。

 

 

怪しいと思っても
一歩、踏み出してください。

 

広く知れ渡る前に、手にしておきましょう

 

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ    

関連ページ

人間はリスクを抑えてモノを使おうとする
仮想通貨、その数、今や、2000種類以上。しかし、 そのうち、95%は詐欺通貨と言われています。上場しても開発者を名乗る人が、ただお金儲けすることを目的としていることから上場時の値を大きく上げ、それまで手にした購入者が売りに走ることで手放し、その後の運営ができずに潰れていくものなど・・・仮想通貨を手にするときは、間違いなく価値が上がる本物の通貨かどうか吟味しないといけません。 下がるリスクはつきものですが、本物を見つけたら持つべきです。なぜなら・・・
富をつかみ取るための仕掛け
栃木県大田原市にある清流・那珂川。この那珂川には、簗(やな)と言って川の中央部に水流をさえぎるように数十本もの竹を並べて斜めに張ったステージ台が設置されています。この簗に天然鮎が上がってきて鮎のつかみ取りを楽しめるというものです。鮎簗は、鮎を捕るための仕掛け。「仕掛け」と言うと、このブログはネットビジネス戦略をお伝えするものなので、お金を稼ぐための仕掛けについて、この鮎の話から持っていきたいと思います。アーユー ready ?
ノア・コイン 上場しました!
1億ドル分のICOが、たった3分で完売。その後の3000万ドル分の追加ICOも、わずか1分で完売。そんな世界記録を打ち立てたノア・コインが、イギリスの大手取引所、HIt BTCに上場しました。世界でもトップ10の取引量を誇る大きな取引所に当初の予定であった6月12日より3ヶ月も早く繰り上げ上場したということはノア・コインの期待の大きさの表れと言えるでしょう。
3ヶ月早い繰り上げ上場
このブログでも紹介しました暗号通貨(仮想通貨)ノア・コイン。フィリピンの1000万人にも及ぶOFW(Overseas filippino Workers)と呼ばれる海外への出稼ぎ労働者が稼いだお金の一部を本国へ送金する際、その国に落とさざるを得ない膨大な手数料をゼロにするべく、政財官民の有志が集まって立ち上げたノア・プロジェクトから誕生した暗号通貨です。このノア・コインの市場公開日が、当初、フィリピンの独立記念日である6月12日から3ヶ月早まることが決まりました。えっ、いつ?
お年玉袋がなくなる
これからお年玉袋はなくなります。なぜなら仮想通貨をみんなが持つようになり、お金の送金がいつでもどこでも銀行を介さず、自分のスマホから相手のスマホへ一瞬にして送ることができるからです。日本国はすでに仮想通貨を正式なお金として認めています。その仮想通貨の取引所のCMも始まりました。今、この絶好のタイミングで波に乗らないと後悔することになります。なぜなら・・・・・
NOAHコインのプレセールス期間<第2期>が延長されました
ビットコイン以上のポテンシャルを秘めた暗号通貨、ノア・コインは、現在プレセールス期間中です。市場公開(2018/6/12)前の 4/30 まで4期に渡ってプレセールスが展開されていますが、現在は第2期。その第2期が延長されました。ノア・コインはこの時期に手に入れておくとお得です。その第2期っていつまで???
フィリピン大使館に「政府公認のプロジェクトなの?」
一部、ニュースにこんな記事が・・・・。フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。⇒ いやいや、そりゃ、そうですよ。なぜなら・・・
NOAHコインのプレセール第1期、間もなく終了です
フィリピン経済を救うnoahプロイジェクトから誕生した暗号通貨NOAHコイン。そのNOAHコインを手にするためにあなたがやることは、あなたが持っている日本円の一部をNOAHコインと両替することです。NOAHコインは、持っていれば、とんでもない金額に化けるポテンシャルを秘めています。日本でも2016年に仮想通貨法案が可決されましたし、これからは間違いなく暗号通貨(仮想通貨)の時代がやってきます。乗り遅れないでください。
NOAHコインのプレセールス期間<第1期>が延長されています
フィリピンのNOAHプロジェクトから生まれた暗号通貨NOAH コイン。その市場公開日は、フィリピンの独立記念日である 2018年6月12日。今は、その日に向けてのプレセールス期間です。この期間は4期に分かれていますが、一番安くNOAHコインをゲットできる第一期の期限が延長されました。その日って・・・
お金が減らない財布を持ちましょう
NOAHコインは、2018年6月12日、フィリピンの独立記念日に市場公開、取引開始となります。今は、そのためのプレセールス期間です。そのプレセールス期間は4期に分かれており、一期、二期、三期とNOAHコインの価格(レート)は上がっていき、市場公開前の第四期には、1.22倍になります。ですので、今のこの時期であれば、一番安い価格でNOAHコインを手にすることができます。
史上初! 利息がつく暗号通貨(仮想通貨)
フィリピンのNOAHプロジェクトから生まれた暗号通貨、NOAHコイン。この世に出てきたということは NOAHコインにしかできないことがあるからです。その特徴の1つが、利息がつくといいうこと。初年度なんと20%、そして、そのあと・・・えっ!そんなに!?
国をあげての一大プロジェクトに乗っかれ!
暗号通貨の基軸通貨であるビットコイン.。広く知れ渡り、使われれば使われるほど、価値は上がっていきます。そのビットコインの上をいく暗号通貨があるのです。それはフィリピンの国家プロジェクトから誕生しました。その暗号通貨とは・・・
恐るべし仮想通貨の実態
仮想通貨ビットコインは、世界で使われれば価値が上がります。持っているだけで増えていくのです。ビットコインは、2009年に実装され、2010年に初めてピザでの商取引が、米国のフロリダで行わました。ピザ2枚(当時25ドル)が10000ビットコインと交換。この時の1ビットコインは、8セントです。この後、ものすごい上昇を描き、現在は・・・
仮想通貨は怪しい  なぜなら・・・
あなたは、仮想通貨、持ってますか?仮想通貨。今、知られているモノでは、ビットコインがあります。しかし、このビットコイン、日本ではまだあまり普及していません。なぜなら、仮想通貨、ビットコインは怪しいと思われているからです。怪しいとか詐欺だとか思ってしまい、なかなか広まらない。私は今ビットコインは持っていませんが、ものすごく後悔しています。 なぜか? それは・・・

 
トップページ プロフィール 目次 オススメ 商品 メルマガ SNS お問い合わせ