史上初! 利息がつく暗号通貨(仮想通貨)

史上初! 利息がつく暗号通貨(仮想通貨)

 

フィリピンの
NOAHプロジェクトから生まれた暗号通貨(仮想通貨)

 

NOAHコイン

 

この世に出てきたということは
NOAHコインにしかできないことが
あるからです。

 

 

もし、NOAHコイン特有の要素が
何もなかったら
何もこれまでどおりの基軸通貨、
ビットコインを使えばいいじゃないか、
ということになりますからね。

 

 

では、NOAHコインってどんな暗号通貨なのか?

 

ビットコインとの違いって何なのか?

 

お待たせしました。

 

お伝えします。

 

 

まず、NOAHコインには
運営母体があるということです。

 

ビットコインにはそれがありません。

 

フィリピンでは、海外に働きに出た人たちが、稼いだお金の一部を
本国の家族のもとに送るOFWということをしています。
その年間の送金総額は、わかっているだけで3兆円ですが
そのうち、3500億円は手数料として世界各国に落ちている。
そのお金をなんとかフィリピン国内に持ってこれないか
というところから
政財官民の有志が集まって生まれたのが

 

NOAH ファウンデーション という団体です。

 

 

 

 

フィリピン経済の発展、
フィリピン国内に存在する
様々な問題を解決しようということで
政財界の有志が集まって設立されました。

 

そして、そこから
NOAHプロジェクトが始動したわけです。

 

NOAHファウンデーションは、
フィリピン航空など国を代表する企業が
様々なところから入ってきています。

 

なので

 

NOAHコインは、
2018年6月の市場公開に向けて
現在、プレセールス期間中ですが、
これから様々なところに広告やプロモーションを打っていきますし、
取り扱い機関やATMなどのインフラ整備。
それを全世界に展開していきます。

 

母体がしっかりしているからこそ
広める活動が徹底して出来るわけです。

 

 

そして、
NOAHコインの特徴として挙げられるのが

 

利息がつくということ。

 

ビットコインは、持っているだけで
世界で使われれば、その価値は上がっていきますが、
利息はつきません。

 

これに対して、NOAHコインは利息がつくんです。

 

初年度 20
そして、それが 複利40 に渡って利息がつき続けます。

 

 

もし、世界の状況から価値が下がったとしても
利息は毎年ついていくということです。

 

まぁ、市場公開後、価値は上がる一方でしょうから、
それに利息が加わるわけですから
ビットコインとの違いは明白です。

 

 

※ この利息がつくのは、市場公開前に購入したノア・コインに対してです。

 

 

そして、次に

 

決済完了までの時間です。

 

ビットコインは、手続きして決済が完了するまで、平均10分かかりますが
NOAHコインは、数秒です。
何でもそうですが、待たされないのは嬉しいことですね。

 

このように

 

ビットコインの欠点を克服した暗号通貨が、NOAHコイン。

 

もちろん、NOAHコインは
フィリピンの通貨ペソはもちろん、日本円や米ドル、ユーロ、中国元など
法定通貨と替えることが可能です。

 

日本でも今ビットコインを取り扱う機関が増えてますが
NOAHコインの取り扱い機関も急速に増えていくでしょう。

 

また、スマホにNOAHコイン用のウォレットが開発され
そのスマホをかざすだけでNOAHコインを日本円に替えることができる
ATMも全国に設置されていきます。

 

 

どうでしょう。

 

NOAHコインがとんでもない暗号通貨であること
伝わったでしょうか。

 

暗号通貨は、
世界各国で使われれば使われるほど、
その価値が上がります。

 

これにNOAHコインの場合は、利息が掛け算となって
初年度20%、それが複利で40年に渡ってつき続けるのです。

 

2009年、ビットコインがスタートしたとき、
1万円分持っていた人は、現在、93億円を手にしています。
その間、何かやったかと言えば、何もしていない。
ただ、ビットコインを持って寝かしておいただけです。

 

このような暗号通貨長者
世界中にたくさん誕生しています。

 

これと同じようなことが
今、NOAHコインで起ころうとしているわけです。

 

数万円が億単位のお金に化ける。

 

そのスパンは、ビットコインよりNOAHコインの方が短く
早く訪れるポテンシャルがあること
容易に想像がつくのではないでしょうか。

 

世界中に普及していくこと間違いなし。
本物の暗号通貨は全体の5%だけと言いましたが
NOAHコインは、本物中の本物の暗号通貨です。

 

 

NOAHコイン

 

持っておくことをオススメします。

 

 

では、NOAHコイン
どうすれば持つことができるのか?

 

 

次回、お伝えします。

 

 

 

1000万人もの出稼ぎ人口を救います。

 

         ↓ ↓ ↓

 

国をあげての一大プロジェクトに乗っかれ!

 

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ    

関連ページ

ノア・コイン 上場しました!
1億ドル分のICOが、たった3分で完売。その後の3000万ドル分の追加ICOも、わずか1分で完売。そんな世界記録を打ち立てたノア・コインが、イギリスの大手取引所、HIt BTCに上場しました。世界でもトップ10の取引量を誇る大きな取引所に当初の予定であった6月12日より3ヶ月も早く繰り上げ上場したということはノア・コインの期待の大きさの表れと言えるでしょう。
3ヶ月早い繰り上げ上場
このブログでも紹介しました暗号通貨(仮想通貨)ノア・コイン。フィリピンの1000万人にも及ぶOFW(Overseas filippino Workers)と呼ばれる海外への出稼ぎ労働者が稼いだお金の一部を本国へ送金する際、その国に落とさざるを得ない膨大な手数料をゼロにするべく、政財官民の有志が集まって立ち上げたノア・プロジェクトから誕生した暗号通貨です。このノア・コインの市場公開日が、当初、フィリピンの独立記念日である6月12日から3ヶ月早まることが決まりました。えっ、いつ?
お年玉袋がなくなる
これからお年玉袋はなくなります。なぜなら仮想通貨をみんなが持つようになり、お金の送金がいつでもどこでも銀行を介さず、自分のスマホから相手のスマホへ一瞬にして送ることができるからです。日本国はすでに仮想通貨を正式なお金として認めています。その仮想通貨の取引所のCMも始まりました。今、この絶好のタイミングで波に乗らないと後悔することになります。なぜなら・・・・・
NOAHコインのプレセールス期間<第2期>が延長されました
ビットコイン以上のポテンシャルを秘めた暗号通貨、ノア・コインは、現在プレセールス期間中です。市場公開(2018/6/12)前の 4/30 まで4期に渡ってプレセールスが展開されていますが、現在は第2期。その第2期が延長されました。ノア・コインはこの時期に手に入れておくとお得です。その第2期っていつまで???
フィリピン大使館に「政府公認のプロジェクトなの?」
一部、ニュースにこんな記事が・・・・。フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。⇒ いやいや、そりゃ、そうですよ。なぜなら・・・
NOAHコインのプレセール第1期、間もなく終了です
フィリピン経済を救うnoahプロイジェクトから誕生した暗号通貨NOAHコイン。そのNOAHコインを手にするためにあなたがやることは、あなたが持っている日本円の一部をNOAHコインと両替することです。NOAHコインは、持っていれば、とんでもない金額に化けるポテンシャルを秘めています。日本でも2016年に仮想通貨法案が可決されましたし、これからは間違いなく暗号通貨(仮想通貨)の時代がやってきます。乗り遅れないでください。
NOAHコインのプレセールス期間<第1期>が延長されています
フィリピンのNOAHプロジェクトから生まれた暗号通貨NOAH コイン。その市場公開日は、フィリピンの独立記念日である 2018年6月12日。今は、その日に向けてのプレセールス期間です。この期間は4期に分かれていますが、一番安くNOAHコインをゲットできる第一期の期限が延長されました。その日って・・・
お金が減らない財布を持ちましょう
NOAHコインは、2018年6月12日、フィリピンの独立記念日に市場公開、取引開始となります。今は、そのためのプレセールス期間です。そのプレセールス期間は4期に分かれており、一期、二期、三期とNOAHコインの価格(レート)は上がっていき、市場公開前の第四期には、1.22倍になります。ですので、今のこの時期であれば、一番安い価格でNOAHコインを手にすることができます。
国をあげての一大プロジェクトに乗っかれ!
暗号通貨の基軸通貨であるビットコイン.。広く知れ渡り、使われれば使われるほど、価値は上がっていきます。そのビットコインの上をいく暗号通貨があるのです。それはフィリピンの国家プロジェクトから誕生しました。その暗号通貨とは・・・
恐るべし仮想通貨の実態
仮想通貨ビットコインは、世界で使われれば価値が上がります。持っているだけで増えていくのです。ビットコインは、2009年に実装され、2010年に初めてピザでの商取引が、米国のフロリダで行わました。ピザ2枚(当時25ドル)が10000ビットコインと交換。この時の1ビットコインは、8セントです。この後、ものすごい上昇を描き、現在は・・・
仮想通貨は怪しい  なぜなら・・・
あなたは、仮想通貨、持ってますか?仮想通貨。今、知られているモノでは、ビットコインがあります。しかし、このビットコイン、日本ではまだあまり普及していません。なぜなら、仮想通貨、ビットコインは怪しいと思われているからです。怪しいとか詐欺だとか思ってしまい、なかなか広まらない。私は今ビットコインは持っていませんが、ものすごく後悔しています。 なぜか? それは・・・

 
トップページ プロフィール 目次 オススメ 商品 メルマガ SNS お問い合わせ