仮想通貨は怪しい  なぜなら・・・

仮想通貨は怪しい  なぜなら・・・

 

あなたは、仮想通貨
持ってますか?

 

「突然なんだい!?」と思いましたよね。

 

 

そうですよね。
久しぶりの記事投稿ですから
何言っても突然になってしまいますが・・・。

 

 

ここで私が記事投稿するということは
あなたに伝えたいことがあるからですが、
今回は
とんでもないことをお知らせします。

 

 

仮想通貨についてです。

 

 

あなたにお伝えしたいこと。

 

もちろん、いい意味でとんでもないことです。

 

あなたにとってメリットがあることだからです。
というか、メリットしかありません。

 

そんなお話をします。

 

 

仮想通貨

 

今、知られているモノでは、ビットコインがあります。

 

ビットコイン、

聞いたことあると思います。

 

これが今、仮想通貨の基軸通貨と
なっているもので
すでにいくらか持っている人もいます。

 

 

しかし、このビットコイン

 

日本ではまだあまり普及していません。
なぜなら、仮想通貨、ビットコインは怪しいと思われているからです。
怪しいとか詐欺だとか思ってしまい、なかなか広まらない。
日本人は、よくわからないものは怪しいと考えてしまう人種なんですね。

 

 

私も現在はビットコイン持っていません。
でも、私の場合は怪しいと思うよりは、ビットコインとはどのようなものなのか
知識として持っていなかったからです。

 

 

しかし、

 

ビットコインは、2009年に世に出てきたモノですが
私は、この頃からどのようなお金なのか勉強して
持っておけばよかったとすごく後悔しています。

 

 

その理由は、

 

仮想通貨なるモノは、世の中で使われれば使われるほど
価値が上がるからです。

 

持っているだけで価値が上がる。

 

では、その価値が上がるという仮想通貨って
いったいどのようなお金なのでしょう?

 

 

通常、私たちが手にしているお金は、
「法定通貨」と言って、国が定めた通貨です。

 

日本円や米ドル、ユーロ、台湾ドルなど
政府や中央銀行が認めて発行しているものですが、

 

それに対して、
仮想通貨は
国や銀行が介在しない電子化された通貨で、
いきなり個人同士でのやり取りができるお金です。

 

 

また、国境がないというのも大きな特徴です。

 

国境がないということは、
その国の通貨に両替する必要がないということ。

 

ビットコインは、
日本でもビットコイン、
アメリカでもビットコイン
ヨーロッパ、アジアどこに行ってもビットコインなのです。

 

そして、

 

24時間365日、いつでもどこでも誰でも
送金手数料がほとんど0円で相手に送金することができます。

 

 

例えば、
アメリカに留学している自分の子供に
親として、お金を送らなければいけなくなったとき、
法定通貨では、銀行に赴いて、日本円を米ドルに両替しなければならない。
そして、国際送金となりますから送金手数料が結構とられるし、
届くまでの時間も一週間かかったりするわけです。

 

 

それに対して、仮想通貨は、
銀行が介在していないので、銀行の営業時間も気にする必要もない。

 

また、電子化されているお金なので
スマホがあれば、相手がどこにいても瞬時にお金を送ることができる。
真夜中であろうと送金が可能。

 

スマホからスマホへ
お金を必要としている人にいつでもすぐ送ることができるというのが
大きなメリットです。

 

しかも、eメールと同じように送るにしても電子化されているわけだから
手数料がほとんどかからない。

 

 

親が、お金がなくて困っている自分の子供にお金を送るのに
その場で瞬時に送れて手数料が0円に等しいとなったら
それは、そんなお金、持ちたくなるでしょう。

 

それが仮想通貨なるものです。

 

 

電子化されたお金というと
代表的なモノでは
SUICAやPasmoなどがありますよね。

 

今はもう電車に乗るにも
切符を買わずに乗れる時代になりました。

 

お金をチャージしたカードを
改札機にかざすだけで電車に乗れてしまいます。
ひと昔前では考えられなかったことです。

 

お金のチャージも
残金が少なくなると自動でチャージできるという
便利な機能も付いたりしています。

 

でも、このような電子マネーは
紙幣や硬貨が電子媒体に姿を変えただけで
カードの中に入れても
入れたお金が増えることはないですよね。

 

しかし、

 

仮想通貨は、持っているだけで増えるんです。
ビットコインが全世界で使われれば使われるほど
1ビットコインの価値が上がっていくのです。

 

では、価値が上がっていくと言いましたが
ビットコインの運用が始まったときの価値はいくらで
2017年の今はどのくらいにまで価値が上がっているのでしょうか?

 

ビットコインが実装されて運用がスタートしたのは、2009年です。
そして、

その翌年の2010年に米フロリダで
初めてビットコインによる商取引が行なわれました。
そのときに取引された商品は、ピザだそうです。
ピザ2枚、1万ビットコインで購入されたとのこと。
米ドルでいうと当時25ドル。
この時の1ビットコインは、
8セントだったそうです。

 

 

それから、ビットコインの価値は
グングン上がっていくことになります。

 

では、それ以降、
ビットコインはどんな経緯を経て、現在どのくらいまで
価値が上がっているのか・・・

 

 

それは、次回お伝えします。

 

 

これから、5回にわたって
仮想通貨のとんでもない話をしていきます。

 

 

人類、最初のお金は、貝殻でした。
それが、貨幣、硬貨、紙幣と形を変え
そして、今、電子媒体へ変わろうとしています。

 

そのお金が新たな媒体に姿を変えようとしている今だからこそ
出来ることがあるんです。

 

その「出来る」こととは
大きく稼ぐことです。

 

大きく稼ぐといっても

 

何か特別なノウハウを覚えなければいけなかったり
何かのメンバーシップ、スクールに入らなければいけなかったり、
ツールを買わなければいけなかったり、
数十万の出費をしなければいけなかったり・・・

 

そのようなことは一切ありません。
本当に何もないのです。

 

 

仮想通貨で大きく稼ぐ。

 

この話を5回にわたってお届けするので、
何か引っ張るような感じに受け取られるかと思いますが、

 

この仮想通貨の話を
端折ってすると内容をしっかり伝えることができないので
どうかこれから私が送る一つひとつの情報・記事にお付き合いください。

 

 

読み進めていくと
ワクワクして来ますよ。

 

 



*-----------------------------------------------------------------------------------*

   最後までお読みいただき、ありがとうございます。
   記事が少しでも参考になれば幸いです。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ    

関連ページ

ノア・コイン 上場しました!
1億ドル分のICOが、たった3分で完売。その後の3000万ドル分の追加ICOも、わずか1分で完売。そんな世界記録を打ち立てたノア・コインが、イギリスの大手取引所、HIt BTCに上場しました。世界でもトップ10の取引量を誇る大きな取引所に当初の予定であった6月12日より3ヶ月も早く繰り上げ上場したということはノア・コインの期待の大きさの表れと言えるでしょう。
3ヶ月早い繰り上げ上場
このブログでも紹介しました暗号通貨(仮想通貨)ノア・コイン。フィリピンの1000万人にも及ぶOFW(Overseas filippino Workers)と呼ばれる海外への出稼ぎ労働者が稼いだお金の一部を本国へ送金する際、その国に落とさざるを得ない膨大な手数料をゼロにするべく、政財官民の有志が集まって立ち上げたノア・プロジェクトから誕生した暗号通貨です。このノア・コインの市場公開日が、当初、フィリピンの独立記念日である6月12日から3ヶ月早まることが決まりました。えっ、いつ?
お年玉袋がなくなる
これからお年玉袋はなくなります。なぜなら仮想通貨をみんなが持つようになり、お金の送金がいつでもどこでも銀行を介さず、自分のスマホから相手のスマホへ一瞬にして送ることができるからです。日本国はすでに仮想通貨を正式なお金として認めています。その仮想通貨の取引所のCMも始まりました。今、この絶好のタイミングで波に乗らないと後悔することになります。なぜなら・・・・・
NOAHコインのプレセールス期間<第2期>が延長されました
ビットコイン以上のポテンシャルを秘めた暗号通貨、ノア・コインは、現在プレセールス期間中です。市場公開(2018/6/12)前の 4/30 まで4期に渡ってプレセールスが展開されていますが、現在は第2期。その第2期が延長されました。ノア・コインはこの時期に手に入れておくとお得です。その第2期っていつまで???
フィリピン大使館に「政府公認のプロジェクトなの?」
一部、ニュースにこんな記事が・・・・。フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。⇒ いやいや、そりゃ、そうですよ。なぜなら・・・
NOAHコインのプレセール第1期、間もなく終了です
フィリピン経済を救うnoahプロイジェクトから誕生した暗号通貨NOAHコイン。そのNOAHコインを手にするためにあなたがやることは、あなたが持っている日本円の一部をNOAHコインと両替することです。NOAHコインは、持っていれば、とんでもない金額に化けるポテンシャルを秘めています。日本でも2016年に仮想通貨法案が可決されましたし、これからは間違いなく暗号通貨(仮想通貨)の時代がやってきます。乗り遅れないでください。
NOAHコインのプレセールス期間<第1期>が延長されています
フィリピンのNOAHプロジェクトから生まれた暗号通貨NOAH コイン。その市場公開日は、フィリピンの独立記念日である 2018年6月12日。今は、その日に向けてのプレセールス期間です。この期間は4期に分かれていますが、一番安くNOAHコインをゲットできる第一期の期限が延長されました。その日って・・・
お金が減らない財布を持ちましょう
NOAHコインは、2018年6月12日、フィリピンの独立記念日に市場公開、取引開始となります。今は、そのためのプレセールス期間です。そのプレセールス期間は4期に分かれており、一期、二期、三期とNOAHコインの価格(レート)は上がっていき、市場公開前の第四期には、1.22倍になります。ですので、今のこの時期であれば、一番安い価格でNOAHコインを手にすることができます。
史上初! 利息がつく暗号通貨(仮想通貨)
フィリピンのNOAHプロジェクトから生まれた暗号通貨、NOAHコイン。この世に出てきたということは NOAHコインにしかできないことがあるからです。その特徴の1つが、利息がつくといいうこと。初年度なんと20%、そして、そのあと・・・えっ!そんなに!?
国をあげての一大プロジェクトに乗っかれ!
暗号通貨の基軸通貨であるビットコイン.。広く知れ渡り、使われれば使われるほど、価値は上がっていきます。そのビットコインの上をいく暗号通貨があるのです。それはフィリピンの国家プロジェクトから誕生しました。その暗号通貨とは・・・
恐るべし仮想通貨の実態
仮想通貨ビットコインは、世界で使われれば価値が上がります。持っているだけで増えていくのです。ビットコインは、2009年に実装され、2010年に初めてピザでの商取引が、米国のフロリダで行わました。ピザ2枚(当時25ドル)が10000ビットコインと交換。この時の1ビットコインは、8セントです。この後、ものすごい上昇を描き、現在は・・・

 
トップページ プロフィール 目次 オススメ 商品 メルマガ SNS お問い合わせ